patagonia Altvia Trail Pants & Altvia Light Alpine Pants

patagoniaの2021年春夏シーズンのトッピクの1つに、マウンテン・パンツのラインナップの充実化があります。今回のBLOGでは、そのマウテン・パンツの中から、新作として登場している「Altvia Trail Pants」と「Altvia Light Alpine Pants」を違いを交えながらご紹介させて頂きます。


「Altvia Trail Pants(→)」

 


「Altvia Light Alpine Pants(→)」

 


この2つのパンツ実は生地は全く同じです。

触った感触として極薄と感じられる程の(4.7オンス)のソフトシェルパンツ。ドビー織りと言われる織り方でつくられた生地は、よ~く見ると横方向への点線模様になっており、その織り方と生地薄が相まってか、非常に通気性が高く風をしっか衣服内に通してくれます。

また生地は、リサイクル・ポリエステル86%に対してポリウレタン14%も入っており4方向にノビノビ仕様。更には、DWRの撥水加工もされており小雨程度あれば安心。

その生地厚と織りによる通気性の高さとストレッチ性の高さを兼ね備えた「Altvia Trail Pants」と「Altvia Light Alpine Pants」は、これからの温かさから暑さに変わって行く時期や、真夏でもロングパンツをしっかり穿きたいユーザーにお勧めのパンツ達。

ちなみに、僕の印象としては、patgoniaの中で人気の高いロングパンツ「Terrebonne Joggers(→)」をハイク用に仕上げた印象。

実際に店頭でも、「Terrebonne Joggersをハイクシーンで使いたいけど、少し薄す過ぎて心配かも・・」という方いらっしゃいますが、まさにそのような方のご希望に沿うかのように、生地厚を少しアップさせて強度を出しつつ、生地厚が増した分ドビー織り等を用いて通気性を確保したような感じとなっておりますので、もし、既にTerrebonne Joggersをお持ちの方であれば、あの気持ち良い穿きやすさに、生地厚による安心感がプラスされたとパンツを思って頂けると、非常にイメージしやすいと思います。

と、ここまでは、夫々のパンツの生地が実は同じです!と、いうお話ではございますが、ここからは、その生地を使いつつも、使用シーンに合わせてデザインされた夫々のパンツの「違いや特徴」をご紹介させて頂きます。

 


Altvia Trail Pants:ハイキングや中低山の山登りを楽しむ方にお勧めの1本。

【ウエスト】ベルト有りでもベルト無しでも快適フィット

ウエストのフロントはボタン留め仕様となっており前たて付き。(前たてとは、一般的にいう社会の窓)
基本的には、ベルトが通せるようにベルトループが配されていますが、腰の屈曲時に快適にフィットする為に、腰の両サイドのみだけにゴムバンド仕様となっており、ウエストサイズによってはベルト無しでもしっかりフィットするデザインとなっています。

 

【ポケット】行動中も安心なジッパー付きの5つのポケット

ポケットは全部5箇所。ジッパー付きのフロントの2つのポケットは、その入口が斜めにデザインされており、ポケットの中にアクセスが非常にスムーズ。また、お尻側にはジッパー付きのヒップポケットが配されています。また。右足太ももには、スマートフォンが丁度入るような大きさのポケットがあります。この後にご紹介する「Altvia Light Alpine Pants」に比べると、そのポケットの位置が真横よりも少し前側にオフセットされたデザインとなっています。

 

【フィット】色々な靴に対応出来る裾幅変更仕様と膝下のフィット

後でご紹介するAltvia Light Alpine Pantsに比べてほんの少しだけゆったりしたフィットのAltvia Trail Pants。

裾は、ローカットからボリュームのあるハイカットまで対応が出来るように、ジッパーで裾幅を変えることが可能なデザインとなっています。
(裾の仕様の写真は後日アップ)


(179cm / 67kg / size:32インチ) / Altvia Trail Pants(→

 


Altvia Light Alpine Pants:アルパイン仕様にデザインされたパンツ。

【ウエスト】嵩張りを抑えながら快適フィット

ウエストは、ぐるりと一周ゴムバント仕様+ドローコードがついており、ゴムのウエストによる快適フィットを、そのドローコードによって微調整が出来る仕様となっています。一見すると、このデザインがランナー向け仕様にもみえますが、実は、ハーネスを使う事を想定したデザイン。とは言え、結果的に、その快適性が、色々なシーンで使いやすいパンツへと仕上げる事となっています。

 

【ポケット】パンツの縫い合わせに沿ってデザインされたポケット

必要最低限として、フロントのジッパーポケットが2つと、Altvia Trail Pants同様に右足太ももに、スマートフォンが丁度入るような大きさのポケットがあります。ただ、その右足太ももに配されたポケットは、足上げの事を考慮し、ポケットの取付位置が真横よりも少し後側にオフセットされたデザインとなっています。

 

【フィット】膝から下がスッキリとしたデザイン

アルパイン向けパンツという事もあり、足元の視認性等を確保する為にAltvia Trail Pantsに比べて、少しスッキリとした裾幅のAltvia Light Alpine Pants。そんな事もあり、ローカットユーザーシューズを履かれるハイカーの方にもお勧めな一本となっています。


(179cm / 67kg / size:32インチ)

 

【その他(縫製)】足上げによる擦れ対策が施さたシームテープ

ハイキングに比べ足を高く上げる事が多いアルパインシーンを想定し、パンツの縫いの部分でも特に擦れを感じやすい場所は、縫い合わせ部分をスムーズにする為に、内側にあえてシームテープ処理がされております。これにより、限りなく段差がフラットになります。


 

優れた伸縮性により動きを妨げず、1日中快適な肌触りと気持ち良い足上げ感、そして、高い通気性から得られる快適性は一度穿くと病みつきになりますので、是非、短パンまで端境期や、NO短パンユーザーの方に、お選び頂ければと思います。

 

投稿者:飯田

 

Scroll to top