梅雨入り前半の大雨はどこへ行ったのかというくらい快晴が続いていますね。
急激な気温の上昇についていけていない感のあるこのごろです。
標高の高い、涼しくて空気の薄いところに行きたい!
先日の東京出張は終始雨模様。
足元の雨対策はどうしてますか?
会社や学校に着いたら足元がベタベタで不快・・・そんな経験は誰しもあるはず。
上半身はレインウェアや傘によって守る事は出来ますが、こと足元においてはシューズ自体を防水にする方法がてっとり早くなります。
しかしシューズを買い足すには値段も張るし、使う頻度を考えるとコストパフォーマンスもあまり良くありません。
今の時期であれば、あえてサンダルで濡れるという手段もあります。
しかし、サンダル履きが適さない状況もあるのはもちろんです。
靴は濡れてもいいけれど、足だけは濡らしたくない!という方には防水ソックスをつかうという手があります。

DexShell Waterproof Cool Vent Light Socks (⇒)
レインウェアなどと同じ防水透湿膜を挟み込んだ3層構造のソックスとなります。
外側のつま先の一部分以外すべてシームレス構造で、完全防水。
フィット感に関してはソックスの構造上きっちりとしたものとはいいがたく、さわった感じもすこしごわつきがあります。
しかしメンブレン自体もストレッチしてくれる為そこまで不快な印象はなく、普段の靴下と似た感触で防水であることの方がメリットが大きくなります。
メンブレンは耐水圧7,000mm、透湿性10,000g/m2の性能を持ちます。
(いくら透湿するとはいえ、限界を超えると靴下内で汗等の排出が追いつかなくなり内部が濡れたような感触になることもあります。
これはレインウェアでも同じですね。)
サイズは自分の足の実寸サイズ23.5cmでMサイズをチョイス。
普段チョイスしているソックスサイズもMであるため、同じ感覚で選んで問題ありません。

裏側は荒めのパイル地。
内部に使用されているCoolmax flash FX素材はドライ感を保ってくれる素材の為、快適さが長続き。
街中での使用ももちろんですが、山でも非防水シューズと組み合わせて機動力を上げたり、渡渉の多いルートでの使用、就寝時の足元の保温としてもおすすめします。
個人的には先シーズンのスノーランにおいて防水ソックスが大活躍していました。
活躍の幅は広いと思います。
普段のお手入れは手洗いでやさしくケアするのがベスト。
化学繊維のため耐久性が低いわけではありませんが、メンブレンを守る為にも優しく扱った方がいいと思います。
雨の多いこのシーズン、一枚揃えてみてはいかがですか?
防水ではありませんがシューズ内を快適にドライに保ってくれるdrymaxソックスも揃っています。(⇒)
用途に併せて足元の装備をどうぞ!
 

texted by 頭の中がバックパックでいっぱいなキョヲヘイ