ミッドレイアに最適なスマートウールのTMLシリーズ

アンダーウェアは化繊派でしょうか?それともウール派でしょうか?勿論、一番のオススメは状況にあわせて使い分けて頂くのがベストであることは間違いありません。日進月歩で素晴らしい素材が開発されておりますので、信憑性の無いサイトの噂より、色々とご自身で体感頂くのが一番だと思います。
しかし、化繊には化繊のレイアリング、ウールベースにはウールミッドを着用した方が静電気が発生しにくかったり、レイアリングのフィットがすこぶる上がることがあります。
スマートウール社のアンダーウェアをお使いのスマラーの方には是非お試し頂きたいのが、本日ご紹介するTMLシリーズのミッドレイアになります。
フード、プルオーバー、ベストの3スタイルがリリースされています。
先ずはフードスタイルから、
SMARTWOOL M’S TML ZIPHOODY【コチラ】18.900円

メリノウール64%、ポリエステル36%の生地厚がしっかりとあるフード付きのフルジップスタイルになります。肩口の縫い目はおおきくずらされておりますので、バックパックのショルダーストラップが点であたることがありません。三箇所に配置されたジッパー付きポケットは大きさも丁度良く、ハンドウォーマーとして、小物入れとしても多用途にお使い頂けます。大き目のフードはDOで調子よく使えそうです。サムホール、顎に干渉しない首周りのデザインも良いです。
この手のフード付きミッドレイアといえばパタゴニアのR1フーディ【コチラ】があげられますが、本製品はフルジップタイプで単体としても幅広くお使い頂ける点は魅力ではないでしょうか。
続いて、写真左のベスト SMARTWOOL M’S TML VEST【コチラ】13.650円と
写真右のジッパープルオーバータイプのSMARTWOOL M’S TML MID HALF ZIP【コチラ】15.750円をご紹介します。

アウトドア遊びにベストは欠かせません。冷えた体をいち早く暖めるなら心臓部付近のレイアリングが最もお奨めです。やや着丈の長い裾はビブパンツとの相性も非常に良いです。高めのネック部分も冷気をしっかり遮断してくれるのでこの時期サードレイアとしても使えます。
写真右のプルオーバーは着丈のおよそ半分を開閉するジッパーが取り付けられています。着脱は勿論、効果的なベンチレーションが可能です。他アイテム同様、肩の縫い目が逃がしてありますので点アタリがありません。チェストポケットのカラーファスナーが控えめで素敵です。こちらの製品もトレラン、バックカントリー、クロカンスキー、スノーボードなど各種アクティビティのファースト、ミッドとしてかなり使えるウェアになります。
172センチ、体重71キロに私でSサイズでジャストフィットになります。やや大きめですのでサイズ選びはご注意下さい。
本日1月15日の日曜日、朝から沢山のご来店を頂いております。
心からお礼申し上げます。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top