ジワジワと人気上昇中のリゾルトデニム

天気予報の通り、ここ四日市も朝から本降りの雨です。太平洋側ではかなり激しい雨量が予想されておりますのでお出かけの際は特にご注意下さい。
さて、今日はお気に入りのデニムブランドをご紹介します。
今春から本格的に取り扱いを始めたRESOLUTEリゾルト【オンラインショッピングはコチラから】

リゾルトとは”毅然たる”という意味だそうです。一世を風靡したドメスティックデニム”ドゥニーム”の元デザイナー林芳亨氏が自ら設立したデニムブランドになります。洋服に自分のお小遣いを投資し始めたのは今から30年ほど前。初めて”買いたい”と思って買ったのがリーバイスの501です。ローテクスニーカーにデニム、白シャツ(Tシャツ)が男のカジュアルファッションの原点であると考える今もデニムを履かない週はありません。今日まで色々なデニムブランドに足を通してきました。
ここ最近のトレンドとしては極端に薬品加工されたデニムや立体裁断されたデニム、極細のストレッチデニムなど変化球ばかりが多く目立ちますが、久々に直球のデニムブランドが現れたと期待しています。デニムの世界も非常に奥が深く生半可な私の知識では碌な解説はできませんが、とてもアジのある経年変化が魅力のリゾルトです。
写真は一番人気の710という細めのモデルになりますが、左のワンウォッシュモデルが絶妙にエイジングされています。

林氏曰く一週間に一回洗濯で、裏返しせづに50分間乾燥機にかけると絶妙なエイジングが楽しめるとの事。私も3本のデニムをローテーションで履いて実験しております。来春ぐらいには全てのモデル理想の色に変化する予定です(笑)改めてデニムにはまっている今日この頃です。
週末の土曜日、お足元が悪い中、ご来店頂き誠にありがとうございます。心からお礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top