夏のDOに最も使えるお奨めジップTシャツ

ここ四日市は午後から雨が本降りになってきました。フィールドへお出かけ中の方はくれぐれもお気をつけてお戻り下さい。
今日はこれからの季節に最も実需として使われる半袖ジップTEEを各社ご紹介します。
どれもモデラートのスタッフが実際に着用し、お気に入りのベスト5をピックアップしてみました。
今春も昨年に引き続き、トップセールスモデルになりました。
ARC’TERYX VELOX ZIP NECK【コチラ】9.975円

アークの製品の中で定評のあるポリエステル素材の”リブロ”を使用しています。薄く軽量で、吸汗速乾性が高く、おまけに生地が見た目以上に強いです。かなり激しい使い方をしてもピーリング(ほつれ)がおきません。着丈の半分近くある深めのジッパーはベンチレーション機能としても調子いいです。襟の高さ、衿裏の切り替えなど、随所にDOを意識した機能がもりこまれています。来季(2013年)春夏も継続販売となります。
続いて、モンチュラからもバイカー、ランナーに評価の高い、MONTURA OUTDOOR RIDE T-SHIRT【コチラ】10.290円

冷涼感の高いクールマックス素材にコットンのような吸水性を可能にしたインテラ加工がされています。脇下には抗菌防臭の銀素材”X-STATIC”を使用。肌触りは鹿の子のポロシャツのようなザラついた風じがありますが、発汗量の多い方にはかなり調子いいかと思います。フロントファスナーはそれほど深くありません。
最近、トレイルランナーからぐいぐい評価の上がっているマウンテンハードウェアからは価格がとっても良心的なジップTEEがリリースされています。
MOUNTAIN HARD WEAR ELMOR S/S ZIP TEE【コチラ】6.195円

発汗量の多い、脇と背中にはメッシュ素材を使用。ポリプロピレン配合で素早く汗を拡散します。肩の縫い目もバックパックのショルダーハーネスとのピンポイント接触を避けています。写真では今ひとつ暗めに写っておりますが、盛夏にホワイトカラーは清潔感があって個人的にお奨めです。


最もタイトフィット感のある北欧ブランドのホグロフスからは、HAGLOFS TEMPO S/S ZIP TEE【コチラ】8.400円

ホグロフスの良さであるカラーリングは本製品でも存分に発揮されています。発色のよいオキサイドブルー(写真製品)と緑がかったティールは太陽光の下で、とっても輝きます。素材には100%リサイクルポリエステルが使用され、消臭効果の高いポリジン加工も施されています。
余談になりますが、来春からは本格的にホグロフスジャパンが始動します。よりグローバルなブランドとして成長すると思いますので、益々期待が高まります(アシックスが開発したトレイルシューズも発売されますよ~)
国内での知名度が今ひとつ上がらないですが、コアなアスリートの方には根強い人気のゴーライトからもジップポロがリリースされています。
GOLITE M’S MANITOU S/S ZIP TOP【コチラ】7.875円

ご紹介したジップTEEの中で一番立ち襟が低いタイプになります。特徴的なカッティングはランニング時の腕振りを容易してくれます。着丈に対し、やや身幅が広めですので、タイトフィットを好まれない方にお奨めです。DRIMOVEも吸汗速乾素材として定評ある化繊になります。
ジップTEEは夏山シーズンには欠かせない必須アイテムとなりますので、サイズやカラーなど在庫が充実している今がお買い時かと思います。
私事になりますが、腰の具合が良くありません(涙)日課のランニングを休み、腰痛専用のサポーターを巻いて凌いでいるのですが、どうも痛みが収まりまりません。
月末からは出張も多くなるので何とか回復したいと思うのですが、やっぱり加齢による治癒力の衰えですかね・・(爆)
本日もお足元の悪い中、ご来店心からお礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top