OSPREYの超軽量ウィールバック

2012年も残すところ、あと2ヶ月と12日あまりとなりました。
つい先日、10月の半ばだと実感した瞬間、いろんな感情が生まれました。
そんな中で、“焦り”の割合が大半だったと記憶してます。
年末まで、『まだ2ヶ月と12日もある』という精神で、
今一度自分に気合いを入れ直し、日々生活していこうと思います。
さて、OSPREYのウィールバッグと言えば、メリディアンソージョンがメジャーですが、
今秋冬新たなウィールバックが登場しました。
オゾン28 オゾン22 オゾン18

このオゾンシリーズの最大の特徴は、何といっても“超軽量”である点です。
オゾン28の容量80リットルで重量2.27kgは、同容量のソージョン28の重量3.58kgと比較すると、
一目瞭然で、その軽さは驚異的です。
ハンドルもOSPREY初のT型ハンドルが採用され、この究極の軽さを実現しております。

キャリーハンドルもソージョンと比較すると、薄型になっているのがよくわかります。

ソージョン・メリディアンのように、背面にショルダーストラップが収納されておらず、
背負うことは出来ませんが、軽さが持ち運びを容易にしてくれます。
ちなみに、オゾン18とオゾン22は、機内持ち込み可能サイズですので、
デイトリップからロングトラベルまで幅広いシーンでお使い頂けます。
ロストアローの秋冬のカタログには、OSPREY冬物のザックしか掲載されておりませんが、
オゾンシリーズとともにコントレイルシリーズも新たにラインアップされてます。
店頭では、全ラインご覧頂くこと可能ですので、皆様のご来店心よりお待ち申し上げております。

本日のブログ担当は、
最近、テレビや雑誌の見出しで“温泉”という文字を見る度に、
のんびり温泉につかって、美味しいもの食べてという妄想を繰り返す、
上野がお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top