今期から発売されるキャプリーンは、アジアンフィットとなります。

こんにちは、飯田です。
さて、店頭には秋冬の新作アイテムが沢山入荷しております。
オンラインショップへは、順次アップさせて頂いておりますので、お時間がございましたら、是非、オンラインショップの新着順(→)をご覧下さい。
さて、今回は、パタゴニアのキャプリーン(ベースレイヤー)について。
ブログタイトルでご想像がつくかと思いますが、今期秋冬シーズンより、キャプリーンはアジアンフィットになってリリースされます。
(キャプリーン4は、アジアンフィットではありません。)
アジアンフィットでの大きな変更点は以下の3つ。
・身幅が細くなった。
・袖丈が短くなった。
・着丈が少し短くなった。
さらに、新しいキャプリーンとして変更点以下の2つ。
・防臭加工がポリジン加工に。
・素材全てにブルーサイン。
(他変更点は、アイテムによって多少異なります。)
そこで、今回は、アジアンフィットが従来のモデルに比べて、どれぐらい違うかを、キャプリーン2(以下キャプ2)のジップネックを例にご紹介!(→

R0149580.jpg

左側:従来のキャプ2(→
右側:2013秋冬モデル(Asia Fit)のキャプ2(→
■身幅の違い
Asia Fit05.jpg
写真では少し確認しずらいですが、従来のモデルの上に、Asia Fitモデルを重ねております。
共にMサイズですが、
Asia Fit06.jpg
身幅は、Mサイズのキャプ2で、約6cm程細くなっています。
【身幅】*Mサイズ
従来モデル 約50cm
Asia Fit 約44.5cm

■袖丈の違い
身幅が細くなった分も考慮してもかなり袖丈が短くなっています。
Asia Fit07.jpg
【袖丈(裄丈)】*Mサイズ
従来モデル 約88cm
Asia Fit 約80cm
Asia Fit09.jpg
■着丈の違い
こちらは、実測計ではそれ程差が無く、勿論、写真で撮影してもその違いがお伝えしにくいのですが、実際に着用し前屈をすると背中側のまくれ方が変わります。(写真がなくてすみません。)
これを纏めると、全体的な着用感として下の写真のようになります。
Asia Fit08.jpg
(179cm 66kg Mサイズ着用)
着用感の好みもございますが、私個人しては、従来のキャプ2はMサイズを選んでいましたが、
Asia Fitは、おそらくLサイズを選ぶと思います。

上記のフィット以外に、キャプ2のジップネックタイプは、ジッパーの深さや、
Asia Fit02.jpg
襟の仕様・高さが変更されています。
Asia Fit10.jpg
また、縫い合わせも、従来は通常の合わせ縫いの仕様だったのに対し、フラットロックでの縫い合わせとなる為、
Asia Fit03.jpg
着用感がよりストレスフリーとなっております。
Asia Fit04.jpg
(*肌面側の縫い合わせ部分の写真)
そして、キャプ2のみアップデートとして、4オンスのポリステル生地から、3.6オンスのポーラテック・パワー・ドライ・ポリエステル製に変更。
これにより、従来のカサカサした質感がもう少し柔らかくなり、キャプ3に似た肌触りとなっております。
実際に着用してフィールドテストをしたわけではありませんが、かなり良さそうな雰囲気がしております。
また、全ての(キャプ4を除く)アップデートとして、
襟元に、フィールドで枝などにひっかけてキャプリーンを乾かせるように、細いコードが付いたり、
Asia Fit11.jpg
より酷使し洗濯回数を重ねてもロゴが消えないようにと、裾にピスネームでブランドロゴがあしらわれております。
Asia Fit12.jpg
キャプ2のモデルとしては、今回ご紹介しているジップネック以外にクルーネック(→)や、ショートスリーブタイプ(→)等もございます。
今回、キャプリーンは生地感や仕様等、全体的に大きく変更しております。
ただし、このようなベースレイヤー系は、それらの変更点も重要点ではありますが、やはり、着用感の好みも非常に大きな点と思っています。
「従来のキャプリーンが好きだったのに!」と言うお客様の為にも、若干ではございますが、在庫しておりますので、お好みでチョイスしてみては如何でしょうか。
キャプリーンの在庫はコチラ(→)から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top