ジメジメシトシトトキドキザーザーな最近ですが、みなさま合い間を見てアクティビティを楽しんでおられることと思います。
そんなどんよりした梅雨の空気を楽しいものに変えてくれるアイテムが今年もpatagoniaからたくさん登場しているんです!
“patagonia/Duckbill Cap”⇒
P1010621.jpg
かわいらしさとどこか懐かしさを感じるデザインとは裏腹にウルトラランナー向けに作られたという本商品。
大胆なメッシュとクールマックスを使った内側、コンパクトに畳めるツバなど、通気性、速乾性、携帯性の3拍子揃ったテクニカルキャップです。
P1010615.jpg
P1010617.jpg
今年のUTMFで石川弘樹さんが被っていたのも印象的でしたね。
似た類のものは少なからずありますが、ここまでいい意味で崩しの効いたデザインは他では見たことありません。
ハットもあります。(Duckbill Bucket Hat)
毎年定番のこちらも素敵な柄がたくさん揃ってます。
“patagonia/Sun Mask”⇒
P1010612.jpg
UPF20で夏の強烈な紫外線から顔を保護し、他にもリストバンド、ヘッドバンド、ビーニーなど多用途に使える便利グッズ。

肌寒い早朝ランニングの走り出しまでの少しの間保温用として使っても良し、富士山の砂走りで埃から口や鼻を覆うマスクとして使っても良しです。
P1010628.jpg
生地は肌触りがよく、速乾性に優れたリサイクルポリエステルを使い長時間の着用も苦になりません。
1つは持っておいて損は無いアイテムです。
そして締めは今季注目のアイテム
“patagonia/Men's Short-Sleeved Outpacer Shirt”⇒
P1010656.jpg
見た目上はなんの変哲も無いTシャツですが、ざっくり編まれたオープンニット構造で通気性を確保しつつも、
汗の蒸発をやや遅らせる構造になっており、常に涼しい状態を保つという、正に逆転の発想的アイテムです。
P1010657.jpg
着心地は非常にソフトでストレッチ性も高く、心なしか着用した瞬間から保湿を始めているような感覚。
P1010638.jpg
運動時の着用は未だありませんが、常に一定して気化熱を奪い、肌面をクールに保ってくれるとても理に適ったシステムだと思います。
もちろん裏地はフラットロックシームで肌との擦れも最小限に抑えます。
P1010659.jpg
左胸と首もとのロゴはリフレクターで夜間のランでも安心です。
P1010649.jpg
今シーズンはpatagoniaの新製品でうだる暑さも快適になること間違いなし!
是非ご検討下さい!
P1010602.jpg
(※写真はイメージです)
(モデル身長172cm,59kg,XSを着用)
日本最多雨地帯が県内にある事を最近知った小泉がお送りしました。