[イベントレポ]叫びまくった一夜 – Night Trail Party 0720

昨夜(7/20)はナイトランイベント、Night Trail Partyでした。

IMG_4076.jpg

参加者は8名。
スタッフを含めると総勢14名ものナイトトレイルランナーたち。

ウォーミングアップがてら、集合場所の蒼滝公共駐車場から湯の山温泉街をぐるっと。
ライトアップされた風情溢れる街並みをわいわい進みます。
IMG_4070.jpg
この日が初ナイトランという方もいたので、暗さとヘッドランプに慣れてもらいます。
で、いよいよトレイルへ。
元の駐車場まで戻り、前回の朝イベントでも行った、菰野富士へ。
ここは、ところどころ急なアップダウンがありますが、踏み跡もしっかりしていて走りやすいルート。
IMG_4072.jpg
初めてとはいえ走力のある方が多いので、良いペースで進みます。
途中、休憩がてらヘッドランプを完全に消して完全な闇を経験してもらいつつ、楽しくおしゃべりしながら走ります。
ひととおり登りきるとかなり走れるトレイルが現れます。
周りのひとと少しでも距離が空くと頼りになるのは、自らのヘッドランプのみ。
そのせいもあり、自分自身の世界に入りやすく、独特な雰囲気と空気感が漂っています。
そして叫びながらダウンヒルを思いっきり楽しむ。
この楽しさと快感は体験したことのある人にしか分かりません。
今回はメーカー様のご厚意でヘッドランプをお借りしていました。
PETZL NAO(⇒)
正直、このヘッドランプは最高です。
“走る”ために必要な光量を持ち、それでいて軽量、シンプル。
交代で何人かに使っていただきましたが、高評価。
あまりの明るさに走行スピードが倍増した人もいたくらい。
先が”見える”ということがいかに大事かを実感していただけたはず!
レースや夜間走行が多い方はもちろん、ナイトラン初心者という方ほど明るくてイイものを使った方が良いと思います。
もしNAOをお持ちの方で分からないことがあれば、アドバイスします!
IMG_4079.jpg
菰野富士にて。
この日から始まったOMM Dayのために来店して頂いていたC氏もイベントに参加!
鈴鹿のほんの一部だけでしたが、今度はもっとディープなところもいきましょう!
ありがとうございました!
山頂から見える夜景を楽しみつつ、おしゃべりは尽きません。
一緒に楽しんでくれる仲間がいることに感謝です!
帰りは高速ダウンヒルで!
最狭のヘッドランプを手にした阪田氏・畔柳氏はめちゃ速かったです…
いやー、もっと自分も速くならなきゃいかんなと思った次第です。
IMG_4082.jpg
片道3km弱のコース。
夜で見えなかったせいもあるのか、みんなヒルに耐性付いてきたんではないでしょうか。
自分はというと結構前半に2箇所ほどやられていたようです。
まったく気にしてません(笑
(夜間のトレイルは危険が伴います。できるだけ連れだって行くか、よく知っているコースを選んだ方がベターです。もし行かれる際は十分に気をつけて行ってください。ヘッドランプの予備電池、もしくは予備のライトのご用意を忘れずに!)
約2時間とは思えない濃密さ。
いろいろなカタチで楽しめるのがトレイルランの大きな利点です。
同じ山、同じコースでも、少し目線ややり方を変えるだけでまた違った楽しみが得られます。
参加していただいてみなさま、おつかれさまでした。そしてありがとうございました!
いつかもっとロングイベントも企画したいですね~。
それでは、また次のイベントをお楽しみに!
Texted by そろそろロングランで身体を痛めつけたくなってきたキョヲヘイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top