夏でも穿けるpatagoniaのロングパンツ Terrebonne Joggers & Strider Pro Pants

ここ最近気温の変化が激しい。

季節の変わり目だから仕方がないが、昨日は半袖短パンで良かったと思いきや、今日はロングパンツや長袖を着たり羽織ったりしたくなるほど。ましてや、朝晩でそれが目まぐるしく変わる時もある。

個人的には、ショーツにロングスリーブTシャツのスタイルが好きだが毎度となると飽きも来るし、山であれば、遊びのスタイルによっては、ロングパンツをバックに入れておきたくなる時もある。

「山でも街でも、これからの時期に丁度良いロングパンツは?」と尋ねられたならば、以前にご紹介したコレ→とか、コレも→、コレ→もオススメで、今回のブログでは、それらに並んでお勧めのアイテムをpatagoniaよりご紹介。

 


patagonia Terrebonne Joggers(→

言わずと知れたpatagoniaのジョガーパンツ「Terrebonne Joggers(テルボンヌ・ジョガーズ)」

もともと、寒い季節にランニングを楽しむ方や、ヨガ・ボルダリングを楽しむ方の為に秋冬シーズン限定で発売されていたアイテムが春夏に発売されるようになり、そのシルエット・動きやすさ・快適性から多くの方に支持を得ている一本。

寒い時期用のランニングパンツと聞くと、「少し厚手生地なのでは?」と心配される方も多いかもしれませんが、2.6オンス・ストレッチ・リップストップ・リサイクル・ポリエステル100%で作られたテレボンヌは、気持ち良いぐらいの通気性があり、この時期に穿くのに本当に丁度よい!

ほんの少しゆったりとした腰回りから足元に掛けてスッキリと綺麗なテーパードシェイプ、裾にはキツすぎない程度の絞りがあり、ドロップイン型のハンドポケットと、右お尻にはジッパー式のメッシュポケットがあり、この時期の軽いハイキングから山へ行くまでに穿いたり、日常でも使えたりと本当にオールマイティー性が高く、お客様によっては色違いで買われる方もいるほど!


(179cm / 67kg / size:M)

 


patagonia Strider Pro Pants(→

以前、LIVE STOREの動画配信でもご紹介させて頂きました(→)patagoniaのHEKシリーズから発売されている Strider Pro Pants(ストライダー・プロ・パンツ)

店頭に陳列させて頂いていると、先にご紹介したTerrebonne Joggersとよく比較される事がある。

個人的に、Terrebonne JoggersもこのStrider Pro Pantsも両方持っているが、正直、快適性で言えば間違いなくStrider Pro Pantsにる。ただし、それは山やランニングシーンでのこと。

「日常着をメインにしたらどっち?」と聞かれれば、おそらくTerrebonne Joggersをお勧めするとう。理由は、Terrebonne Joggersにはポケットがあるから。

そう、Strider Pro Pantsは、あくまでもHEKシリーズであり、山で使用する事をメインに考えて作られている為、ウィンドシェル等と同様に無駄なポケットは一切省かれてる。ここまで聞くと、『Strider Pro Pants < Terrebonne Joggers』この図式になる方が多いと思うが、全く間違っていないと思う。

ただ、Strider Pro Pantsはメチャクチャ良いです。おそらく、Terrebonne Joggersを持っているからこそ、その良さが時に際立つのだと。

 


生地がランニング用のショートパンツと同じ生地を使用

patagoniaのランニングショーツで人気の「Strider Pro Shorts(→)」と同じ生地(1.9オンス・ストレッチ・リップストップ・リサイクル・ポリエステル100%)を使用。先にご紹介した、Terrebonne Joggersもほぼ同じ生地にはなるが、Strider Pro Pantsの方がより薄い生地を使用。

よって、非常に通気性が良くTerrebonne Joggersよりも、もっと涼しく穿いて頂くことが可能!さらに、ショーツの時には少し感じにくかった『ストレッチ性』をしっかり感じる事がでる。(←コレが実に良い!)

 


内ももに配置された2種類の異なるストレッチパネルで足上げバツグン!

上の写真では少し分かりづらいが、内もものマチの部分が『股下から膝まで』と『膝から裾まで』と異なるパネルを使用。違いは以下の通り。

《股下から膝までのストレッチパネル》
・通気性と伸縮性に優れたストレッチ素材

《膝下から裾までのストレッチパネル》
・耐久性に優れたストレッチ素材

 

個人的には、このパネルの違いにより足上げ感が非常に良くなっている印象を受けると同時に、股下の通気性が高まっている印象がある。これに関して、オフィシャルの説明文には明記されていないが、確実にTerrebonne Joggersより股下のムレ感が少ない。

 


シューズを履いたままでパンツの脱ぎ穿きが簡単+裏技アリマス

Strider Pro Pantsの裾には、4つのスナップボタンが付いており、これを外すことで裾幅を大きく開く事が可能となり、気温の変化に応じて脱ぎ穿きをしたいロングパンツにとって、シューズをその都度脱がなくても良いというメリットがある。

とは言え、靴の汚れ具合等によっては、シューズを履いたままパンツの脱ぎ穿きをすると、パンツの中を汚してしまって気持ち悪くなるという方もいるので、その場合や、厚底系のシューズの時はシューズを脱ぐことをお勧めする。

ただ、思ってもいなかった使い方(裏技)として、裾が大きく開くことで、パンツの裾を一時的に捲くりあげる事が可能になる。正直、このように穿くシーンは、ごく僅かだと思うが、それでも、「この急登を登りきって尾根に出ればまた少し寒いだろうな・・・。ただ、今は少しクールダウンさせたい」そんな時があれば、一時的に捲くり上げるのも良いですよね。(あとは、ロングパンツを穿いてきたけど、兎に角、暑かった時とか)

 


パンツで約40gの差は大きいと思います。


(L→R / Terrebonne Joggers(M) / iPhone XS /Strider Pro Pants(M) )

Strider Pro Pantsは、パンツの内側にパッカブルする為のポケットが付いている。これを利用する事で、おおよそ拳大の大きさにして持ち運びをする事が可能。

一方、Terrebonne Joggersもお尻のジッパーポケットに収納する事が可能(※1)だが、使用してる生地のオンスの違いなどから収納サイズも大きく異なる。
(※1)パッカブル使用のポケットになっていないので、もしされたい方は、れはあくまでも自己責任で。

そして、大きく変わるのは収納サイズだけではなく、その重さ!同じMサイズを比べても約40gの差が出る。実際に、トレイルバック等の容量が限られたバックの中への収納を考えた場合、この大きさの差は非常にアドバンテージになる。


(Strider Pro Pants)

 


(Terrebonne Joggers)

 


最後に―。

ここまで、Terrebonne JoggersをベースにStrider Pro Pantsとの違い等を書いてきましたが、簡潔にまとめると、間違いなく1本あっても良いのは「Terrebonne Joggers」そして、Terrebonne Joggersを穿いて、「これを山でも使いたい!けど、普段も穿くからな・・・」と悩む方や、「Terrebonne Joggersの使い勝手をさらにアップデートしたパンツが欲しい!」という、ON/OFFで使い分ける用に2本目のジョガーパンツをお探しの方には、是非、「Strider Pro Pants」をお選び頂ければと思います。

実際に、僕もONとOFFでこの2本を使い分けています!


(179cm /  67kg / size:M)

投稿者:飯田

Scroll to top