今秋最も注目の素材を使ったシェルがホグロフスから入荷しました

今秋も色々と新しいトピックスがあるのですが、最も話題の一つを今日はご紹介します。
ゴアテックスフィルムを使ったモデルで最も透湿性の高いアクティブシェルがホグロフスより入荷しました。
GORE-TEX ACTIVE SHELLの詳細は【コチラ】
HAGLOFS ENDO JACKET【コチラ】39.900円

水に強く、湿気をすばやく放出する軽量ジャケットになります。名前の通りアクティブなシーンで使うハードシェルとして今最も注目されています。私も直ぐにフィールドテストしたいと思っています。使用用途は色々と考えられますが、自転車やランニング、春スキー&スノーボードに使う方が最も多いと予想しておりますが、私はあえてレインウェアとして使ってみたいと思っています。素材としては完全防水ですが、このアクティブシェルに限っては防水性能を測る”ストームテスト”(様々な方向から降りかかる水に耐えるデザインや構造になっているかのテスト)を行わず製品が創られています。
ファスナーや袖口などに防水や止水のパーツを使っていない事から、雨の進入を懸念される声もありますが、逆に言えばどれだけシンプルな構造やデザインで雨水や風をシャットアウトするか・・各ブランドの創意工夫に大変興味があります。

パックライトではちょっと・・プロシェルほどのオーバースペックではなくても・・そんな方にはまるアイテムでは無いかと期待しています。
かなりタイトフィットでDOよりなシェルになりますので、ご興味ある方は是非一度お袖をお通し下さい。
余談になりますが、先日ホグロフスを輸入するフルマークスの担当者様に大切なお名刺を頂きました。名刺には社訓なるものが大きくのっていました。この言葉の通り、フルマークスの担当者様は遊び方を本当によく知っております。
自分がフィールドを知り遊んでいるからこそ営業ができる・・
とても簡単なようですが、時間に追われると以外に忘れがちになります。秋は私も沢山フィールドに出て遊びたいと思います。

本日もモデラートブログにアクセス頂き誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top