本日、水曜日は定休日を頂いております。年度末の物入りの時に小売がお休み頂き大変恐縮です。
オンラインショッピングからご注文頂いております商品の発送は明日、敏速に対応させて頂きますので今しばらくお待ちください。
昨日は新たに出店の話題で、ある若者と盛り上がりました。
弊社で取り扱いしているカジュアルウェアのオンリーショップをやりたいと・・・
初期費用、人件費、その他の一般管理費を考えるとおおよそ売り上げは年間5000万円必要になります。月およそ400万円の売り上げをコンスタントに10年継続することができるのか・・今年のように暖秋であったり、天災があったり、下り続ける日本経済であっても・・それでも継続することができるのか・・
ここ数日、三つの案件を頭の中でぐるぐるシミュレーションしています。お店をやる時はこの頭の中の瞑想がとっても大切です。どれだけ考えても100%の答えなどでません。やってみなきゃ判らないというのが結論なのですが、大切なことは”もしも・・・できなかったら・・”という不安要素を徹底的に考えぬきます。すると恐怖心が沸いてきます。この恐怖心が原動力となり前に進めるのです。
今の時代、起業してリスクを取って世の為、人の為、自分の為にチャレンジする人が減っていると聞きます。良いか悪いのか正直判りません。でも、いつの時代でも夢に通じる道はあるものです。ちょっと早いですが2012年も今年を上回る情熱と思考力で挑みたいと思います。
閑話休題。
私が始めてフィールドで使ったナイフはヴィクトリノックスでした。アウトドア遊びを始めてから何本ものナイフを購入し愛用してきましたが、今でも現役で活躍しているのはヴィクトリのクラシックミニとレザーマンのマルチツールだけです。両品共に驚くべき耐久性をほこります。
ヴィクトリのマルチツールは後ほどご紹介するとして、今日は”挟む、掴む”に拘ったレザーマンの製品をピックアップしてお薦めします。
LEATHERMAN SIDEKICK【コチラ】6.720円

今でこそ、この形状をしたマルチツールは沢山リリースされておりますが、およそ30年前に掴むと挟むを優先したパイオニアブランドになります。
アウトドア遊びで物を”切ったり、削いだり、刺したり”するようなアクションも少なくないとは思いますが”掴んだり挟んだり”する事も案外多いものです。
キャンプ、DIY、ガーデニング、ハンティング、自転車、緊急時、ボート、バックカントリー・・ありとあらゆるシーンでコイツが頼りになります。
ピックアップしてご紹介したサイドキックは重量198.4グラム、収納時3.8インチと小ぶりなサイズながら15種類のツールがコンプリートされています。これだけの機能が付いて価格もも大変お値打です。
私の愛用品も既に20年を経過していますが、多少の錆とガタツキはあるものの未だ現役で使用できます。正規品であれば何と25年保証があるのはご存知ですか。
本体に名前を刻印してくれるホスピタリティの高いサービスも始まりました。この時期プレゼントにも大変喜ばれる一品です。是非、マイバックやマイカーに一つお備えください。
さて、私は今から金融機関が主催される勉強会に参加します。定休日なんで明るいうちから発泡酒飲んでまったりしたかったのですが、経営者はそうもいきませんね(笑)
本日もモデラートブログへのアクセス誠にありがとうございました。

© 1995 TAMAYA co.,ltd.