この季節のキャプ2の快適さ!そして、なんとなく、日本コバを走る事に

こんにちは、飯田です。
昨日の定休日は、寝坊から始まり予定していたトレイルを走り行く事は断念。
そんな事だから、妙に気持ちも上がらず、走れる荷物だけ車に乗せて、なんとなく竜ヶ岳の麓へ向かう。
暖かい日差しの中をお気に入りの音楽を聴き、山を眺めがら走行。
走れる荷物を乗せてきたものの、心地よい雰囲気と気持ちが増すばかりで、ランをする気持ちがなんだかノッて来ない。
国道421号線を北上するにつれて、気が付いたら石榑トンネルも越えて、永源寺ダムの麓へ!

IMG_2525.jpg

ダムの大きさを見ながら、
今日は完全なドライブモードかと思いながら地図を見ていたら、なんか面白い山の名前「日本コバ」を発見。
この距離なら今からでも十分と判断し、登山口を探しスタート!
IMG_2530.jpg
初めて走るトレイルは、本当に面白い!
今回の藤川谷のルートは、比較的ずっと走れるコース。今回は、このコースをピストンでしたが、もう少し時間があれば、違うルートで降りて下山後は、麓の川辺で遊んで帰ってくるのも面白そう!
そんな、日本コバの景色動画をどうぞ!
で、今回は久々にpatagoniaのキャプリーン2(ショートスリーブ)を使用し、キャプ2の快適性を再確認!
R0134259.jpg
じんわり保温力のあるキャプ2は、高い心拍数で動き続ければ、しっかり汗も出てきますが、
ざっくりした編み上げ(オープンニット構造)のお蔭で、絶妙に風が体に入ってきて物凄く快適!
実際、光を当てればその編み上げ感が分かります。
R0134271.jpg
しっかり透けています。
よくよく考えると、キャプ2のようなベースレイヤーって、他のブランドではあまりない感じのタイプなんですよね。
これからの時期は、ヘビーウェイトのベースレイヤーは確実に暑すぎますし、標高によっては、ミッドウェイトのベースでも同じ事。暑がりで汗っかきだからといって、ライトウェイトだとちょっと肌寒かったり。この時期のベースレイヤー選びは本当に悩みの種。勿論、ミッドレイヤーで調整する事も重要ですが、キャプ2のような、痒い所に手が届くベースレイヤーを使うのも非常にオススメ!
キャプ2のラインナップは、ハーフジップのロングスリーブと、
R0134264.jpg
クルーネックタイプのロングスリーブ
R0134265.jpg
そして、クルーネックのショートスリーブの3種類となっています。
R0134267.jpg
個人的には、化繊ベースレイヤーの中でも、普段着のTシャツやロンT感覚で使えるので非常にお気に入り!
もし、まだお持ちで無い方は、ベースレイヤーのバリエーションとしてご検討してみては如何でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top