あの名盤シューズが・・・

こんばんは、小泉です。

先日は2週間ぶりに外岩にボルダリングに行ってきました!
場所は懲りずに前回と同じ伊勢方面のシークレットエリア!
先ずは前回よれて登れなかった1級(上写真の真ん中より少し左を直上)を思いの外苦労して完登!
次は同じ岩の初段(マットが敷いてあるあたりから右に抜ける)にトライするも右手の保持力が足りずに敗退!
そしてその日の本題、別の岩の2段(下写真左側のごつごつした辺りを登る)を触ったのですが・・・
結果、ほぼ何も出来ずにコテンパンにやられました!笑
外岩特有の指の中をえぐってくる結晶の痛みに耐え切れずに完全に敗北しました。
また修行して出直して来たいと思います!
さて、当店でも大変人気の高いトレッキングシューズが遂に廃盤となってしまいました。
トレランシューズであまりにも有名な“マウンテンマゾヒスト”のミッドカットモデルで、デイハイクからULバックパッキング、スピードハイキングまで幅広く使える軽量トレッキングシューズです。
2シーズンほど前からは防水透湿素材をゴアテックスからアウトドライに変え、より完成度の高いミッドカットシューズへと進化しました。
当店でも富士登山を目指す方や、登山エントリー、ULハイカーの方まで幅広いお客様にお選びいただいております。
およそ80万人もの膨大な足型データを基に作られており、履いた瞬間のフィット感は他のシューズには無い素晴らしい感覚です。
アウトソールはあらゆる状況下でもグリップするグリプトナイトソール、ミッドソールと一体化したトレイルシールドは荒れた路面の突き上げから足を守ります。
グレーやブラックを基調にメンズ、ウィメンズそれぞれ挿し色が入り、クールで落ち着いたデザインも素敵です。
重量はメンズの9インチで片足実測400gと、ローカットタイプと100gも変わらない重量増で足首のホールド感、安心感が手に入るのは魅力的ではないでしょうか。
スニーカーを履いている感覚とさほど変わらない軽さで、大変取り回しがしやすく快適な履き心地のトレッキングシューズです。
なぜこれが廃盤になってしまうのか不思議ですし、残念で仕方ありません。
今回は通常では取り扱わない小さいサイズから大きなサイズまで幅広くラインナップしておりますので、靴選びに悩まれていた方は是非この最後の機会をお見逃し無く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top