Chacoのサンダルをトレッキングで使ってみては如何でしょうか?

今朝方、“5年後には、センター試験の廃止を検討”というニュースを見ました。
「世界トップレベルの学力を目指す」ことと「世界に伍する大学」をつくっていくことが狙いのようですが、
大学受験に失敗し、第一志望に行けなかった自分は、常日頃から、
欧米のように入る時より、出るときに試練を与える方が学生は勉学に勤しむのではないか?と思ってました。
ある程度の学力は必要だと思いますが、夢描いた職業の為に、自身が志した学部や、学科に入れず、
夢破れるのは、あまりにもチャンスが少な過ぎるのではないでしょうか?(負け犬の遠吠えです・・・笑))
5年後どうなるか、今後の動向が気になります。
さて、サンダルというカテゴリーながら、
積極的にトレッキングとしてもお使い頂けるサンダル“Chaco”を本日ご紹介させて頂きます。

ここ最近アウトドアのサンダルといえば、“LUNA SANDALS”というイメージが強いですが、
歴史を紐解くと、そこにはやはり“Chaco”の存在が御座います。
長きに渡り名品と言われる“Chaco”のヤンパとウナウィープのソールの違いに焦点を当てると共に、
幅広い用途でお使い頂ける“Chaco”の素晴らしさをお伝えさせて頂きます。
“ヤンパは軽量で、ウナウィープは頑丈!!”



ソールパターンの違いは、一目瞭然です。
グリップ力も、ヤンパは整地のトレイルやウェットな場所が対応出来るのに対し、
ウナウィープは、岩場やデコボコトレイルが対応出来るという異なったソールパターンがそれぞれの特徴です。
このソールパターンにより、幅広いシーンや用途が可能となり、
海や川やキャンプはもちろんのこと、カヤック、MTB、スケートボードにもお使い頂けます。
そして、もちろんトレッキングにもお使い頂けます。
ライフスタイルだけでなくトレッキングにも使える“Chaco” 一足如何でしょうか?
ちなみに、こちらの動画に御座います一本のウェビングベルトでの調節も“Chaco”ならではのテクノロジーです。

本日ブログは、
上野がお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top