天然繊維で冬ラン!そのに – SmartWool Runウェア

第2弾です。
一気に冬の匂いがしてますね。
あまりに突然すぎてなんだか落ち着かない日々。
寒くなってきたので前回の記事(⇒)からもう一段階進んだ冬アイテムをご紹介。
IMG_0094.jpg
Runディバイドジャケット(⇒)
前面に風を止めてくれるメンブレンが入ったジャケット。
今シーズンは各メーカーでウインドブロック素材の入ったランウェアのラインナップが増えているような印象です。
IMG_0107.jpg
着てみるとこんな感じ。
(model:166cm,61kg S-size着用)
自分の体格であると身頃に少し余裕が出ます。
裄は手の甲を隠すような設定で少し長めとなっています。
胸ポケットが一つのみのとてもシンプルな形です。
腕の外側にもウインドブロック素材が使われています。
その裄丈の設定からロードバイクにもgood!
IMG_0098.jpg
背面・脇下から袖まではお馴染みのPhd素材が使われておりストレッチ性・肌あたりが気持ちよいです。
またラグランスリーブの為、肩周りの運動性もバツグン!
背面の熱気抜けもよく、汗がたまってもウールの特性で冷えを感じにくい。
トレッキングにもう一枚上着が欲しいといったときにも活躍してくれるはず。
IMG_0100.jpg
IMG_0103.jpg
IMG_0101.jpg
IMG_0118.jpg
IMG_0113.jpg
襟は高めの設定。
ネックウォーマーいらず。
ウインドシェルだと蒸れてしまうし、薄すぎて寒い!という方には是非使ってもらいたいアイテム。
IMG_0104.jpg
Runウインドタイツ(⇒)
ボトムスもあります。
形は同社のRunタイツと同じですが、前面にウインドブロック素材を使ったモデル。
冷えると困るウエスト部から膝下にかけて風を止めてくれます。
IMG_0105.jpg
単に生地を分厚くして保温力を高めるのではなく、冷気をシャットして体温を下げないようにする。
これなら全体的な重量増を抑えることができ、運動中の熱の発散も容易にしてくれます。
理にかなったつくりだと思います。
これから本格的に寒くなるのでそれまでに用意しておくことをオススメします!

Texted by 三重が関西より明らかに寒いと感じるキョヲヘイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top