超コンパクトに収納可能なeagle creek“Rolling Duffle L”

本日10月11日。四日市の最高気温29.2℃。
普通に暑い一日でした。
一昨日、新潟でも35.1℃だったようで、いつになったら、秋服が良い具合な季節感が訪れるのでしょうか?
寒暖の差が激しく、体調崩される方も多いかと思います。
体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。
さて、そんな世の中の天候とは関係なく、秋冬のアイテムはドンドン入荷してきております。
本日は、今期秋冬の新作の中で、とてもときめいたアイテムが御座いましたので、ご紹介させて頂きます。
eagle creek ローリングダッフル L(⇒)
IMGP3612.JPG
一見すると何か分からないこちらのアイテム。
収納袋から先ずは取り出してみます。
IMGP3615.JPG
まだこの時点でも、何か分からないので広げて見ます。
IMGP3619.JPG
IMGP3620.JPG
ようやく、全容が見えて参りました。
荷物を入れて形を整えて見ると、
IMGP3623.JPG
そうです。ダッフルバッグなんです。
ですが、ただのダッフルバッグでは無いのが、大きな驚きの一つで、
IMGP3621.JPG
ウィールが付いていて、なおかつ折り畳んで収納可能なダッフルバッグなんです。
収納時の大きさも、これまたビックリの超コンパクトサイズです。
IMGP3614.JPG
旅行の際、行きは鞄の中に忍ばせ、帰りの際、お土産やハンドキャリーの荷物が増えた時などに、
コチラをお使い頂くと、超便利といった具合です。
IMGP3630.JPG
そして持ち方も、ウィールを使う際の引き手ハンドル、
IMGP3629.JPG
メインの持ち手ハンドル、
IMGP3624.JPG
取り外しが可能なショルダーストラップと3WAYでの持ち方が可能です。
IMGP3628.JPG
さらに、容量も105Lと、先日コチラ(⇒)でご紹介しましたダッフルバッグの、
もう一つオーバーサイズの90Lのものが、丸々すっぽり納まってしまうぐらいの収納力が御座います。
IMGP3631.JPG
ウィールバッグが折りたたんで収納出来てしまう時点で、かなり驚きましたが、
収納時のコンパクトさには、もう一つ驚かされました。
こういう一つだけでなく、二つ、三つの驚きがあるアイテムとても好きです。
是非こちらのローリングダッフルで、旅行の際の容量を、増やしてみては如何でしょうか?
本日ブログは、
先日、松の手入れを父から教わり、即実行してみたものの、
なかなか上手く出来ず、松を枯らしてしまうのではないかと多少不安な、
上野がお伝えしました。
庭の手入れ難しいけど、楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top