PETZLの超軽量メット!!

昨日はお客様のご案内で滋賀の某クライミングエリアに行く予定でしたが、先日の降雪の為登攀不可の情報があり、急遽また宮川ボルダーに行ってきました。
2週前に登れなかった1級(パワーブレイン)の課題を数トライでモノにし、別の場所の初段をワンデイ(1日で登る)すべく懸命にトライしましたが、ムーブをばらし終え、本気トライを何回かしたところで日が暮れて時間切れとなりました。
見栄えのする初段なので今度ムービー撮って来たいと思います!
(写真はパワーブレインをトライするT様)
IMGP3594.JPG
さて、当店にも遂にあのメットが入荷致しました!
“PETZL/シロッコ”⇒
IMGP3603.JPG
業界的に200~300g台のものが多い中それを遥かに越える軽さを実現した本商品は徹底的な軽さへの追求がなされています。
IMGP3602.JPG
軽さの秘密は車のバンパーにも使用される素材、“発泡ポリプロピレン”を用いている点。
耐衝撃性に優れ反発力もあるので、繰り返しの衝撃を受けても復元する特殊な性質を持っています。
IMGP3604.JPG
持った感じは正にちょっと硬い発泡スチロール。
率直な感想は『こんなんで大丈夫!?』ですが、両サイドから思い切り押しても、たわむだけで直ぐに復元します。
軽さへの追求はそれだけに留まらず、サイズの調整はウェビングテープのみ!
重い樹脂製パーツを極限まで減らすこだわり様です。
IMGP3599.JPG
着け心地ももちろん抜群。
装着した瞬間に着けた事を忘れてしまいそうな軽さです。
IMGP3595.JPG
頭囲59cmの自分がアークのクラシックビーニー(やや厚手)を着けてサイズ2を被っても問題ありませんでした。
もちろん軽いだけではありません。
ヘッドランプも前後3箇所でしっかりアタッチメント可能です。(他社さんのでスミマセン)
有機的な曲線を描いた肉抜きは軽量化やベンチレーションの役割を果たし、効率よく空気が流れ、熱を排出します。
IMGP3601.JPG
IMGP3600.JPG
あごのストラップのバックルにはマグネットが仕込まれ、なんとワンハンドで閉じる事が可能!
IMGP3598.JPG
メンテナンス性にも優れ、内側前部と頭頂部にベルクロで付いた肌当たりのいい吸汗兼クッション材は引っ張れば直ぐに外せるので、衣類の洗濯ついでに一緒に洗ってしまえば常に衛生状態を保てます。
(小さいのでネットには入れてあげた方がいいかもしれません。)
IMGP3606.JPG
用途はルート、アルパイン、アイスクライミングはもちろん、難所越えの縦走や軽量化重視のハイカー、そして地元の山を開拓するトレイルランナーまで幅広いニーズに対応してくれます。
)
アパートにホールドを付けたくなってきた小泉がお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top