SASSAFRAS(ササフラス)の新作入荷しています。

こんばんは飯田です。
今更かもしれませんが、SASSAFRASのブランドコンセプトの小さな物語は皆さんはご存知ですが。
-STEVE GOSSARD(スティーブ・ゴサード)
その物語の主人公でもあり、ササフラスの創設者。
その男があたかも実在するかの如く創られたそのストーリーは、
読む者の想像を膨らませ、その世界に引き込み、次第にその男が作るウェア「SASSAFRAS」が着たくなる。
私自身、その男が作るウェアに惚れ込んだ一人。
(ブランドコンセプトの小さな物語は、本ブログの終わりに記載しておきます。)
スティーブ・ゴサードが作る、SASSAFRASの定番アイテムの1つでもある「FALL LEAF PANTS(フォールリーフパンツ)」(→
5ポケットパンツをベースにワークパンツのオーバーオール等のツールポケットを腰周りにあしらったパンツ。
しばらくデニム離れをしていた私がこのパンツと出会ったのは約3年半前。
初期の縮みと糊を落とすだけにワンオッシュされた状態で販売されていたパンツも、
P1018798.jpg
仕事柄、私にとってはある意味これが作業着でもあり、普段着でもあるので、かなりヘビーローテションされ、
良くも悪くも、汚らしく本当に良い味に仕上がったと自分でも思う。
P1018802.jpg
フライの部分やウエスト周りはヨレヨレとなり、ツールポケットも履きジワから独特の色落ちが哀愁を漂わせる。
P1018808.jpg
ヒップ側に至っては、ツールポケットの下のヒップポケット側が、しっかりと浮き出るほどに履きこんだが、
ここまでに履きこむ中でも失敗もあった。
着用初期にあまり洗わなかった事が災いで、股下は早めに擦れてしまって、実は2箇所ほどリペアをして履いている。
そんな姿をみた嫁さんからは、「新しいの買えば?」と何度か言われたが、しばらく新しいデニムを買う気が起こらなかった。
価格的に今時の加工デニムに比べれば、少し高いように思われるかもしれないが、それでもココまで履いた約3年半で割ってしまえば、年間約6,000円弱。実際はもっと履けるし、なによりも、“服と一緒に時間を楽しむ事が出来る”事が一番の大きな理由。
アウトドア好きの方なら、この感覚は非常に分かって頂けると思う。
岩場で擦れたジャケットやパンツやザック。山を歩いたり走ったりして磨り減ったソール。
それを見るたびに、自分が楽しんだ時間を思い出すことが出来るし、その証がそこにある。
少し前置きが長くなりましたが、そんな、気持ちになれるSASSAFRASの新作が入荷しております。
P1018819.jpg
D GARDEN PAD PANTS(→
硬すぎないチノクロスの生地を使ったこのパンツ。
フロントは5ポケットパンツっぽいシンプルなデザインでありながら、
P1018820.jpg
バックスタイルは、フィルソンのハンティングパンツを思わせるような、フラップの付いたヒップポケットとなっており、
P1018874.jpg
フロントスタイルとバックスタイルでかなりの雰囲気違いが楽しめます。
また、膝・お尻には補強の生地があしらわれており、ヘビーに使っていただけます。
P1018822.jpg
P1018878.jpg
FALL LEAF PANTS 【 Pique 】 (→
先に紹介した、定番のFALL LEAF PANTSのピケ素材バージョン。
P1018901.jpg
ピケ素材はコーデュロイの毛足をもっと短くしたような風合い。(コーデュロイではありません。)
生地の表面がグリッド状になるように織られており、
そのグリッドが織り成す、影が上品さ出し、そして素肌への密着面積を軽減させる事で、
P1018882.jpg
見た目以上にサラリと履けるパンツは、ワーク感と上品さと肌触りを兼ね備えたパンツとなっております。
こちらは、OLIVE以外にもNAVYも入荷しておりますので、お好みでお選び頂ければと思います。
P1018839.jpg
共に、今回入荷した新作は、デニムのようなヘビーな色落ちを楽しむというよりからは、
縫い合わせの所にでる“アタリ”等の風合いを年月をかけて楽しんで頂けます。
是非、新しい春のスタートにお気に入りの一本をご用意してみては如何でしょうか。
=========================================
SASSAFRAS ヒストリー
=========================================
'48年、カリフォルニア州フリーモント生まれ。
カリフォルニア州バークレーの大学を卒業し、
コンピューターメーカーでプログラマーとして
OSの開発に携わるが40歳を前にしてドロップアウト。
その後、数年フリーモントの自宅で、
趣味のロックを聴きながらガーデニングすることに没頭する。
雑草を抜かず、自然のあるがままを取り入れた、
独自のナチュラルガーデニングスタイルが口コミで評判を呼び、
プロフェッショナルガーデナーの道を歩み始める。
それと同時に、何時も彼のお気に入りのロックが鳴り響く
ガーデニングショップ”SASSAFRAS(下記説明あり)”を自宅横にオープン。
ショップ名兼、オリジナルウェアの”SASSAFRAS”は
自宅庭で彼が生まれる前から存在する大樹の品種名。
また、彼がROOTER(ササフラスが原料のROOT BEER愛飲家)でもある事に由来する。
ショップ”SASSAFRAS”は、通常のガーデニングショップとは違い
自然のあるがままを取り入れた彼のガーデニングスタイルをベースに、
枠に捕らわれない、独自の視点でチョイスされたさまざまなガーデニングギアと雑貨が並ぶ。
このショップの中でギアや雑貨以上に注目されているのが、
”SASSAFRAS”通称”SF”と呼ばれているオリジナルウェアだ。
オリジナルのガーデニングウェア”SF”について彼はこう語る。
「自分がいきてきて出会った衣服の中で着やすいモノ、
動きやすいモノ、丈夫なモノ、全てがガーデニングウェアに値する。」
この言葉どおり
ワークウェア、アウトドアウェア、ミリタリーウェア、トラディショナルウェアなどの
彼が過去・現在で愛用してきた、様々な実洋服の機能が盛り込まれた、
全く新しい概念のガーデニングウェアを提案している。
※このストーリーは、SASSAFRASのイメージソースとして考えられたフィクションです。
SASSAFRAS/ササフラス 学名/SASSAFRAS albidum
クスノキ科の広葉樹。
香りよい樹木としてしられ、根からはササフラス油が採れ、石鹸の原料にもなる。
また、根や樹皮は、お茶や漢方薬、ROOTBEERの原料としても使用されている。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top