年が明けたと同時に、アイゼン、スノーシューを見に来られるお客様が一気に増えてまいりました。
夏山メインだったお客様が、冬も徐々に始めていこうかなという具合が多いです。
スノーシュー、アイゼン共にしっかりご用意御座いますので、是非ご来店の上、お気軽にご相談下さい。
さて、以前こちら(⇒)のブログでも紹介しました、
最先端テクノロジーの撥水ダウンを使用したウェアーが好評な“BROOKS RANGE”
こちらのブランド、ウェアーやシュラフ、タープ等のイメージが強いかと思われますが、
ショベルやスノーソー等のバックカントリーギアも展開しております。
本日は、ブルックスレンジのショベルをご紹介させて頂きます。
BROOKS RANGE Backcountry Longneck Pro Shovel(⇒)

BROOKS RANGE Sharktooth Compact MiniPro Shovel(⇒)

今期上記2品番が入荷しております。
両品番共に共通しており、ブルックスレンジのショベル全てに言えることですが、
ブレード部分には“レスキューの手引き”が、イラストで描かれております。
緊急時にも、こちらのイラストで冷静な行動を促しているものだと思われます。


さらに、“Sharktooth Compact MiniPro Shovel”のブレードの先端部分は、
そのアイテムの名前の由来どおり、サメの歯型のようにギザギザの仕様となっており、
硬い雪や氷等にもしっかり歯が食いつき、掘削作業を可能にしてくれます。


また、ブルックスレンジのハンドルのシャフト部分は、ストレッチャーのバーとしての役割も果たしており、
同ブランドのレスキュースレッド等に使用可能となっております。



他ブランドとは、一線を画すブルックスレンジのショベル。
是非店頭にて、手にとって細部の作り込み是非体感してみて下さい。
本日ブログは、
自転車を変えた途端、膝が痛くなり、
それにより、自転車のこぎ方の勉強を始めた
上野がお伝えしました。
サドルの位置を変えたら、少し痛みが和らぎましたが、
自分に一番合ってるシート位置をまだ模索中です。