今シーズン自分のヘビロテとなっているこのStryka Hoody(⇒)。

P1016301.jpg

ハマります。

Color:Utility Green (166cm,61kg S着用)

先シーズンに気になっていたものの、結局買わずに終わったこのウェア。

手に入れると着始めると予感は的中。


めちゃ気持ちいい。



ARC'TERYXのスノーカテゴリ、WHITELINEにラインナップされているこのフーディは、カテゴリ中のベースレイヤーの位置付けにあります。

Torrentと名付けられた薄手のフリース生地は非常にスムースな表面と細かく起毛した裏面を持ち、このフーディのつくりのシンプルさも相まってレイヤリングの妨げにもなりません。



なによりストレッチ性が非常に高く、適度な保温性があるため、普段使いにももってこい。

かぶればバラクラバとなるこのフードは、使わないときはネックウォーマー代わりとなり冷えやすい首回りに暖かさを提供。

ボリュームの少ないフードのため、非使用時におけるジャケット等との干渉も小さく快適。
ステッチがあるのは肩回りだけで、かさばったり動きを妨げたりといったことがまったくないため非常に快適!
吸水性の高い生地であるためベースレイヤーとしての使用はもちろんのこと、薄手のミッドレイヤーとしても使えます。

P1016263.jpg
Color:Black
Bottoms:Gamma MX Pants (Color:Heron Size:S)
裾丈が長く、激しい動きでもずり上がってくることが少ないです。
また細身の方であれば、ある程度の身長をお持ちの方も着ていただけると思います。

P1016272.jpg
Color:Blue Moon
カラーは3色。
どれも渋めのいいカラー。
どの色も欲しくなります。
フィットはTrim Fitとなっていますが少しゆるめな印象です。
胸ポケットのラミネートポケットはiPhone5sを余裕で入れられる大きさがあるため、結構重宝します。
Photoexhibition(⇒)
Tilakからはこちら。

P1016315.jpg
Polartec Power Stretchを使用したアノラック。
Neighbor Hood (⇒)
HOUDINI Power Houdiに代表されるPower Stretchを使用したウェアは各メーカーからリリースされていますが、こんな形を出しているのはTilakくらい。

P1016309.jpg
見た目以上にこだわりのカッティングが施されています。
柔らかな肌触りと着心地を持つアノラック。

大きめのフードと前面のカンガルーポケットが特徴の、遊び心満載のアイテム。
P1016305.jpg
裾と袖口はある程度締まるようにタイトめに作られており冷気の侵入を防いでくれます。
ガツガツスピードを出して登るような山行きにはさすがに向きませんが、ゆったりとしたハイキングやキャンプ程度なら対応してくれるはず。
Tilak Photoexhibition (⇒)
以上、今シーズンの一風変わったアイテムのご紹介でした!

Texted by 毎日ハクキンカイロにお世話になっているキョヲヘイ