7月を夏の師走と呼ぶ事にしました。
こんばんは、飯田です。
最近出張先で電車移動する機会が増えて、電車でのマナーについて色々と考えるのですが、座席への座り方が結構酷い方が多いですよね。
もう少し詰めれば座れるのに携帯ばっかいじって詰めない人や、大股を開いて無駄にスペースを確保する人等など。。。
あれって、物凄く恥ずかしい事を堂々とやっているって事を本人は気づいていないんでしょうね。
過剰になり過ぎて生まれるようなマナー(ルール)は強制的であまり好きではありませんが、譲り合いの心持ってその場に立てば、心からマナーってものが生まれてくると思うんですがね。
さて、トレイルランニングが広まりを見せる中で、今は沢山のブランドが新しいアイテムを次々とリリースしてきております。
一昔前では考えられなかったような、便利なカタチや機能をもったアイテムが増えた事により、よりユーザーの細かな要望に応えられるよなラインナップへと変わってきていますが、その全てが、万人向けかと言われれば、そうで無い事も事実。
製品が多種多様化する中で、そのシーンをつくり上げてきたアイテムは、少しずつアップデートをされながらも、多くの方にフィットするモノとして、今でも作られており、スタンダードなモノとして位置づけられています。
今日ご紹介する、ノースフェイスの「MARTIN WING(マーチンウィング)」もその一つ。
P1011252.jpg
(MARTIN WING 6 ⇒
何処かの機能を突出させたスペシャルプレイヤータイプではないので、華やかさは少しないかもしれませんが、なんでもこなせるユーティリティープレイヤータイプとなっていますので、自分のスタイルや要望があまり決まっていない段階でお選び頂いくのに非常にオススメ!
ウエストベルトについた、ポケットは非常に大容量で、行動食をはじめ色々なモノが収納可能!
P1011262.jpg
中は仕切りもあり、また片方にはキークリップもついているので、大事な鍵を心配しながら走るって事をしなくても大丈夫!
P1011265.jpg
ちなみに、今回ご紹介しているバックのサイズは6リッター。
メインのコンパートメントには、シェルJKTを入れて十分余裕がある容量。

また、ハイドレーション用のスリーブは、メインコンパートメント内で仕切られており、

また、水の残量は、バックの背面パネルから見られるような作りとなっています。
P1011279.jpg
行動中のバックの安定性と締め付け感じさせないフィット感を出すために取り付けられたウエストベルトは、
本体との接続部分が非常に太く、
P1011288.jpg
またしっかり伸びるようになっておりますので、
P1011290.jpg
装着時のフィット感は本当に最高!
P1011295.jpg
また、このウエストベルトの根元には、ノースフェイス独自のTRコンポーネントシステム用のスロットを配置。
P1011304.jpg
これにより、色々な機能をもったアクセサリーを
P1011298.jpg
TR FD POLE HOLSTER() / TR BOTTLE POCKET() / TR FUEL TOOL POUCH(
TR MESH POCKET() / TR FLAP POCKET()/ TR ZIP POCKET(
お好みによって取り付ける事が可能となっているので、
P1011307.jpg
自分スタイルにカスタマイズする事も可能!
P1011312.jpg
ベスト型のランニングバックの登場以来、このスタンダードなカタチが少し影を潜めている気がしないでもないですが、
なんだかんだ言って、万能性は非常に高く、トレイルランニングで使うのは勿論の事、荷物を持ってロードを走られたい方や、サイズによっては、通勤ラン、自転車ユーザーなんかにもしっかりお使い頂けると思います。
MARTIN WING 10(⇒
MARTIN WING 16(⇒
何でも使える、そんなユーティリティープレイヤー的なバックをお探しの方は、是非、コチラをご検討頂いては如何でしょうか?!