ARC'TERYXのBLADEシリーズがスッキリしたデザインにリニューアル

こんばんは、飯田です。
ARC'TERYXで人気のBAGといえば、先日ご紹介したArro(⇒)やMantis(⇒)等がありますが、それらと肩を並べるぐらい人気のBLADEシリーズが、2015秋冬シーズンより一新されました。
blade01.jpg
(Blade 6 ⇒  / Blade 20 ⇒  / Blade 28 ⇒ )( L ⇒ R )
以前までのBladeに比べ随分すっきりとしたデザインとなり、スーツなどのビジネススタイルでもマッチングするモデルになった印象。
以前は、Switchblade / Blade15 / Blade 24 / Blade 30 / というサイズ展開に対して、新しいBladeは、6L/20L/28Lといったサイズ展開。
blade02.jpg
●Blade 6 : 主にタブレットやラップトップPCを持ち運ぶのに便利なサイズ。(
●Blade 20:タブレットやラップトップPC + 書類や衣類なども収納可能なマルチに使えるサイズ。(
●Blade 28:1泊2日ほどの旅行や出張に最適なサイズ。(
*各BGAのディテールについては、オンラインショップをご覧下さい。
今回は3サイズ展開されているBladeシリーズより、Blade 20にフォーカスして商品をご紹介。
blade06.jpg
身長178cm 体重66kgが背負うとこんな感じ。
旧モデルのBladeの印象としては縦長の四角いフォルムが特徴で、荷物が少ない時でもバックのサイズ感がしっかりカタチとしていたのに対して、新しくなったBladeは、荷物が少ないときは荷室のマチが隠れており非常にスッキリと薄く、荷物が増えると十分な程膨れ上がるのが特徴。
blade07.jpg
スッキリしたのは、マチだけではありません!
BAGのハンドキャリーしたい時の、ストラップもバッグの本体に沿うように非常にスッキリとしたデザイン。
blade03.jpg
また、ハンドキャリーでバックを持った際に邪魔になるショルダーハーネスは、バック背面に縫い付けられたゴムでスッキリする事が可能。
blade05.jpg
これにより、縦向きでバックもハンドキャリーしても、横向きでハンドキャリーしても、ショルダーハーネスが足に絡むのを軽減してくれます。
blade04.jpg
BAGの開閉は、以前のBLADE30で採用されていた、本を開くかのように大きく開くブックスタイル?(←勝手に呼んでいます)となり非常に荷物の出し入れがしやすいのが特徴。
blade08.jpg
新しくなったBlade20は、開閉したバックの右側(背面側)に、パットの入った15インチまでのラップトップが収納可能なスリーブがあり、その手前にはタブレット等を入れる事が出来るちょっと良いスリーブがあります。
blade09.jpg
バックを開いた向かって左側には、着替えやちょっとした書類を入れるのに適したスペースとなっており、非常に整理さらた状態でパッキングする事が可能となっています。
背面は、ショルダーハーネスを収納するゴムバンド以外に、背中にコンタクトする場所は3Dにフォームされたパネルを使用。
適正な位置でバックを背負った時の、フィット感は本当にサイコーですよ!!
blade10.jpg
ちなみに、バックとしては全体的に非常にシンプルなデザインではありますが、背面にはエンボス加工され大きな始祖鳥があしらわれており、隠れた場所でさり気なく主張している感じ、個人的に結構こういツボにきます。
社会人の方は、9月から2学期という区切りはありませんが、バックを一新して気持ちを切り替えるのも良いかもしれませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top