先日、名古屋駅近くでHANGOUTの反省会&打ち上げがあり、翌日が東京への出張だったので、名駅近くの円頓寺商店街の中にあるゲストハウス「なごのや(⇒)」さんを利用させて頂きました。

今回使わせて頂いたのは、なごのやさんの施設でも今年の5月にオープンしたばかりの「別館」。名古屋市の登録地域建造物資産を改装されて作られた施設は、所々に昔ながらの梁などがみられ、新旧が良い感じで織り交ぜられており、自宅に居る安心感があるめちゃくちゃ居心地が良かった。

なかなか、名古屋市内に泊まる事はないですが、機会があればまた宿泊させて頂き、次回は、昭和7年から地元で愛されているというタマゴサンドを食べれればと、今から楽しみしています!


moderateがセレクトするフリースたち
ARC’TERYX編

急に気温も下がった為か、先週末は本当に多くのお客様にご来店頂き、そして、多くの方が、この時期から着られるフリースを探しに来られていた印象がありました。

ここ数回、私(飯田)が書くBLOGでは、少しでも多くのフリースを知って頂ければと、フリース中心に商品紹介をさせて頂ければと思います。

《ご紹介するARC’TERYXのフリース》
DELTA LT JACKET
AdahyHoody
Kyanite Hoody
Dallen Fleece Hoody & Jacket


ARC’TERYX / DELTA LT JACKET(⇒

ARC’TERYXの中でも不動の人気を誇るDELTA LT JACKET。Polartec Classic 100 マイクロ ベロア スモールグリッドを使ったちょっと薄め生地厚は、patagoniaのR1とキャプリーン サーマルウェイトの間ぐらいの絶妙な感じで、オールシーズンを通して使えるフリースをお探しの方にオススメのアイテム。


ポケットは、裾から胸下までのメッシュポケットを採用しベンチレーションとしても効果あり。流行り廃りを感じさせず、飽きの来ない昔ながらのクラシカルなスタイルとデザインとなっています。


(179cm / 63kg / size:M)

《詳しい商品紹介は過去のBLOGをご確認下さい》
この時期の低山ハイクにオススメフリース アークテリクスのDelta LT Jacket
ARC’TERYXのフリースと言えば「DELTA LT JKT」


ARC’TERYX / Adahy Hoody(⇒

真冬のハイクシーンでは少し厳しい点もありますが、この時期にDELTA LT JACKETよりもう少し薄くても良いという方や、冬のトレイルやロードでのランニング等のハイハートレートで動くような方にお勧め。

ポケットは、少し小さめのメッシュポケットを採用。これぐらいのベンチレーションでも十分な程、汗抜けの良い生地厚。フードの付いたデザインは、機能面以外にもカジュアルな見た目も演出してくれる為、あらゆるシーンで着用して頂けます!


(179cm / 63kg / size:M)

《詳しい商品紹介は過去のBLOGをご確認下さい》
ARC’TERYX(アークテリクス)の便利ウェアAdahyHoody
暖かいような寒いような今の季節は。【Arc’teryx | Adahy Hoody】
ARC’TERYXの薄手フリースパーカー


ARC’TERYX / Kyanite Hoody(⇒

 DELTA LT JACKETやAdahyHoodyよりも、兎に角、温かいフリースをお探しの方にお勧めなのが Kyanite Hoody。人をダメにしてしまう程の気持ち良さを持つ、HOUDINIのパワーフーディーを同じポーラテックパワーストレッチプロを使用。そのストレッチ性の高さは、今回ご紹介するARC’TERYXのフリースの中でも一番とも言えるほど!

肉厚なフリースな分、ポケットの裏地のメッシュ部分も非常に大きく、下はオヘソから上は胸の上部までと、しっかり換気が出来るのも特徴のヒトツ!


(179cm / 63kg / size:M)

こちらも、デザイン性が高く多くのシーンで着用出来るのではないでしょうか。


Dallen Fleece Hoody & Jacket(⇒

ARC’TERYXのカテゴライズとしては、「24」というライフスタイル アパレルのカテゴリーから出ているDallen Fleeceシリーズ。

ポーラテック サーマルプロ フリースとテンセルの組み合わせは、アウトドアカテゴリーのフリースに比べ、更なる気持ち良さを持つ肌触り。

袖と裾のリブの具合がスウェット感を漂わせ、街のシーンにピッタリではないでしょうか。

ライフスタイル用とは言いながらも、ポケットはベンチレーション機能も持ち合わせております、素材も先に書いたようにポーラッテクを使用し、肩回りの縫製パターンも肩のトップから縫い目を外すなど、アウトドア用とそん色無い作りとなっていますので、シーンによっては山に連れ出しても良いと思います。


(179cm / 63kg / size:M)


気になるアイテムはありましたか?

是非、寒さの本番を迎える前に、フリースのラインナップを増やしてみては如何でしょうか?!

お待たせしました!!
防水スタッフバックとして、どこでも使える洗濯アイテムとして、人気の高いScrubba Wash Bag ()!待望の入荷です!
投稿者:飯田