水谷様よりフィールドレポートを頂きました!

こんにちは、moderateです。

以前に「コチラの素敵なフィールドレポート」を頂きました水谷様より
なんと今回もバックカントリーフィールドレポートを投稿頂きました!

そして水谷様の相変わらずの格好良さ…。
スタッフ、本気で羨ましがってます。

それではそんな素敵レポート、是非ご覧下さい!

———-

2013年2月17日

主な場所:焼山
スタート地点:笹倉温泉
スタート時間:5時30分
標高:490m

今回はいつもの友人(以後隊長)と2人で笹倉温泉から厳冬期の焼山を目指す!

高山に住んでいる為、朝の2時に出発し眠気眼をこすり笹倉温泉を目指す。
前日まで雪が少し降っていたと考えられるが、晴れると信じて集合場所へ。

糸魚川Cそばのコンビニで集合し、笹倉温泉を目指す。
糸魚川周辺は全く雪が無いが、笹倉温泉に向かうにつれ加速度的に雪が増えるのが面白い。

笹倉温泉駐車場からスタートするが、全くラッセルの跡が無い…。

前日も誰も入っていないのか?

多少の不安を覚えながらも隊長とラッセルを繰り返す!

今年からニューアイテムの【スント】アンビットHRを使用し、ログを取りつつ進む。
今後の参考にもなるし、心拍数を気にしながらラッセルが出来る!

7時:日の出を拝みながら焼山北面大地を目指し夏の登山道を見ながらラッセルラッセル!

9時:北面大地に到着。まさにドピーカン!!これでもかと言わんばかりの焼山が正面にそびえ立つ!
これを見に来たと言っても過言ではない。左には火打山!最高すぎる!!!ラッセルさえも快適だ!!

まだまだ半分ここからが勝負だと言い聞かせラッセルをひたすら繰り返す。

11時:2100m地点焼山西斜面を巻いて、お鉢を目指すが流石に斜面もカリカリに!クソ!ここまでか!!

13時:2200m地点、もう限界とアイゼンとピッケルで最後の直登!!心拍数は150台をキープ!!

14時:2350m地点お鉢到着。ピークハントとはいかなかったが、ここまでくれば十分でしょう!

さぁ滑ろう!!隊長はなんとカメラ撮影大好き!!最高の相棒だ!!

サクサクッっと写真を撮りながら笹倉温泉までは2時間程。スキーとはなんて素晴らしい道具なんだ。
トレースの跡を辿りながら帰るが、もっとうまくトレースの跡をつけたい。

それにしても今回のBCは最高でした。厳冬期だったためか下の方まで雪も腐ってませんでした。
太陽が出てても山頂でマイナス12℃程度まで下がっていたので、やはり寒かったのでしょう。

満足満足!!今年、いや、自分の中で最高のバックカントリーだったかもしれません。

後、スントのアンビットは凄いな~面白すぎる!!Movescountでデータを見るのが楽しい!!

———-

水谷様、いつも本当にありがとうございます。
乙妻編も期待しております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top