当店ではIbex、SmartWoolに次いで3ブランド目となるウールブランド、ICEBREAKER(アイスブレーカー)をご紹介します。
現在入荷中のアイテムは、ベースレイヤーのトップス2種、ボクサーブリーフ、ネックゲイター、バラクラバ、ビーニー、インナーグローブの全7アイテム。
ニュージーランドのメリノ羊の毛を使用した高品質なウェア達。
比較的温暖な気候のニュージーランドですが、朝晩の気温差が大きく、そんな環境の中で羊達は生息しています。
様々な環境に対応できないと生き延びることは到底できず、しかも人間のようにレイヤリングを切り替えて対応することもできないため、羊の体毛はスゴいワケです。
そんなウールを使ったウールウェアはやはり快適です。
P1017285.jpg
Anatomica ShortSleeve (⇒) Color:K , Size:S
(model:166cm,61kg)
メリノとポリウレタンの混紡素材を使用したアンダーシャツ。
150g/m^2の薄手のオールシーズン活躍する生地を使用しています。
P1017281.jpg
ポリウレタンが入ることで滑らかな風合いと肌触りが得られ、伸縮性も増します。
P1017287.jpg
今の時期でも、お持ちのベースの下に着用し保温力を増す使い方も良!
P1017300.jpg
Oasis Balaclava (⇒) Color:K
メリノ100%でできたバラクラバ。
P1017305.jpg
伸びがいいため、アゴまで引き下げて使うことも可能です。
ただ、この使い方の頻度が高いとおそらく伸びてくると思いますが。
あくまでこういう使い方もできることをお知らせします(笑
P1017263.jpg
Oasis LongSleeve crew (⇒) Color:WL
メリノ100%のベースレイヤー。
200g/m^2の生地を使っています。
P1017257.jpg
こちらはメリノ100%で厚手のため、単体でもかなりの保温力を持ちます。
ウールウェアの良さが最もよく分かる一枚。
P1017260.jpg
先ほどのショートスリーブTと同じサイズ選択で問題ありませんが、ここではMサイズを着用してみました。
やはり大きく、これではベースレイヤーとしての性能が発揮できないでしょう。
肌に近いところのウェアはある程度フィットさせなければ意味がありません。
P1017271.jpg
Pocket Hat Stripe (⇒) Color:WL
Flexi Chute (⇒) Color:CZ
リバーシブルで被れるビーニーと長めのチューブタイプのネックゲイターはメリノ100%。
P1017316.jpg
Anatomica boxers (⇒) Color:K
さすがに試着するわけにはいきません。ボクサーショーツ。
こちらはポリウレタン混紡で、肌触りの良いモデル。
裾の部分が短く作られていて、ボトムスとの干渉が少なくなるようになっています。
ウエストサイズはSサイズで75-81cm、Mサイズで81-88cmとなっています。
P2047446.jpg
Apex glove Liner (⇒) Size:M
薄手で肌触りの良い、わずかにポリウレタンの入ったインナーグローブ。
そのままでも使えますが、重ねて使った方が耐久性、保温性等の部分で利点があると思います。
P2047447.jpg
手囲い20cm、手首~中指先まで18.5cmの自分はMサイズでぴったり。
ある程度は伸縮するのでもう少し手が大きい方でも使えると思います。
まだメリノウール使ったことないという方、ぜひ体感してみてくださいね~。
またまたお山に行ってきました。
寒さがずっと緩んでいたので年末にあれだけあった雪がほとんどなくなっていました。

愛知川沿いは谷間ということもあり明らかに気温も低かったのですが雪質はかなり悪い状態。

各所でちらほら情報が出始めている某ギアのテストに行ったのですが、ほとんどテストにならず。
雪のある場所を探してリベンジですね~。

Texted by 長く使ってきたウールウェア達についに限界が見え始めたキョヲヘイ