携行性に優れたレインパンツ

5月に入り晴天が続き、山遊び、キャンプ、フェスと外遊びを満喫された報告をお客様からたくさん頂戴します。
お客様の声に突き動かされ、無性に外遊びをしたい今日この頃ですが、実際ここ最近土いじりしか出来ておりません。
今年の夏山に向けて、今月あたりから徐々に準備を始めようと思います。
さて、日本の四季にはきってもきれない梅雨が、あと一月ほどでやってまいります。
本日は、雨天時の必需品のレインウェア、中でも軽量性に優れたレインパンツをご紹介させて頂きます。
今回ご紹介するのは、
OR HELIUM PANTS unisex(⇒)

finetrack エバーブレスフォトンULパンツ(⇒)

MONTANE  MINIMUS PANTS 2015(⇒)

上記の軽量3品番を比較してみました。
【重量】
まずは、軽量の一番の目安となる重量を比較してみると、
OR・・・153g
finetrack・・・177g
MONTANE・・・125g
3レイヤー、2.5レイヤーの違いやジッパーを使用している長さ等、それぞれ違いはあるものの、
3品番とも180gを下回る数値は、ULハイカーだけでなくとも、ザックに忍ばせ携行する上ではとてもありがたい重量。
山歩きの方だけでなく、自転車や釣りやフェスの方にも、是非カバンに一つ忍ばせて頂きたいぐらい、
いずれのアイテムも軽量なレインパンツです。
【携行サイズ】
OR HELIUM PANTS
ORは、右後ろポケットがパッカブル仕様となっており、そちらへの収納が可能です。

MONTANE MINIMUS PANTS 2015
MONTANEはメッシュのスタッフサックが付属し、そちらへ収納しております。

finetrack エバーブレスフォトンULパンツ
こちらは、スタッフサック、パッカブル共に御座いませんので、HAGLOFSの2Lのドライスタッフサック(⇒)に収納しております。

軽量コンパクトさは、MONTANEが一番といったところでしょうか?
ですが、スタッフサックの大きさによるところが大きく、ご自身で程よいスタッフサックをお探し頂ければ、
コンパクトサイズでの携行が可能です。
標準のものではなく、敢えて違うブランドのスタッフサックを使用することで、カスタマイズの楽しさと、
コンパクト収納と2つの楽しみを味わう事が出来ます。
たしか、自分もギア選びのスタートは、スタッフサックからだったと思います。
たかがスタッフサック、されどスタッフサックというぐらい、スタッフサック一つでパッキングが変わるといっても過言ではありません。
【裏地】
MONTANE裏地
2.5レイヤー

finetrack裏地
3レイヤー

OR裏地
2.5レイヤー

汗のベタツキによる不快感を感じるのがとにかく嫌というお声を店頭でよくお聞きします。
当店において汗抜けのもっとも良いパンツとなると、今回はご紹介していないコチラ(⇒)になると思いますが、
今回ご紹介した中では、3レイヤーのfinetrackになると思います。
ですが、個人差もあると思いますが、2.5レイヤーのレインウェアを使用している自分は、
大汗をかいた際でも、少々のべたつきはあるものの、不快を感じるほどでは御座いませんので、
2.5レイヤーでも十分お使い頂けると思います。
【裾部分のジッパー開口部】
OR裾部分

MONTANE裾部分

finetrack裾部分
ベンチレーション機能を兼ね備えた、ジッパー開口部

その他の機能として特筆すべきは、やはりfinetrackのストレッチ機能ではないでしょうか?
この機能により、ハイカーのみならず、トレイルランナーや自転車の方など幅広い方にお使い頂けます。
また、ストレッチする素材がゆえに、シルエットも細く作られており、風によるばたつきも軽減されております。

軽量コンパクトながらコストパフォーマンスに抜きに出ているOR、
今回ご紹介した3品番の中でダントツの軽量性を誇るMONTANE、
3レイヤーとストレッチ機能がウリのfinetrack。
ご自身にとって、選ぶ上で一番重視するポイントでお選び頂ける3品番だと思います。
共にザックやカバンの中に一つ携行頂きたいオススメのレインパンツです。
本日ブログは
上野がお伝えしました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top