お手軽なおススメシュラフ!

本日市内で起こった高速バスの衝突事故。
ダンプの運転手さんや暗い車内で何も分からないまま横転して被害に遭われた乗客の皆様を本当に気の毒に思います。
重軽症者のみで済んだのが不幸中の幸いですが、これから夏休みに入り、各所で混雑が予想されますので、皆様くれぐれもご用心ください。
さて、感度の高いキャンプ、フェス等のユーザー様から、徐々に人気が出てきたTICLA。
おかげさまでテント、シート、ランタンは完売!
シュラフも好評で残りわずかですが、まだ間に合いますよ~!
“TICLA/ランブラー”⇒

一般的な山岳用シュラフより明らかに幅広(86cm)で、ストレス無く寝返りを打てるサイズ。
3人用のカーボンリフレックス3(⇒)が2本で埋め尽くされてしまいました。笑
上部は切りっぱなしの封筒型。少しめくるだけでインナーの色が見え、一気に雰囲気が華やかに。

長さは216cmあるので上部を折り返しても大抵の方は十分肩までシュラフの中に収まるサイズ。
そしてこちら面白いのが、両面でインサレーションの量を変えており、状況に応じて最適な温度帯を選択できるという点。
足元のテントアイコンカラーをオレンジ側を上にして寝ると最低対応温度-3℃まで、ターコイズ側を上にすると-9℃までと、その差は何と6℃!標高にすると1,000m分もの気温差に対応出来るのは非常に心強いですね。

Wジッパーなので暑ければ足元からも排熱可能。
まあ、今時期そんなスペックいらんでしょ!っていう方は、ジッパーを全開にして頂くとおおきな掛け布団として使えますので、もう一つ使える温度帯が広がります。

広げると当然幅は2倍に。カーボンリフレックスのフロアが完全に埋まりました。笑
サイズ的には大人2人、小さいお子様1人なら余裕でカバーできそうです。
そしてもう1点、TICLAが提案する“G.O.O.D.システム”は、付属のストレージバッグにスリーピングパッドを丸めて入れて円筒型を作り、その中にシュラフやらピロー等の就寝グッズを入れてキャリー、保管できるというもの。
(下写真左:スリーピングパッドはORA20R⇒を使用)

他社のストレージバッグでも出来なくは無いですが、ここまでぴったり絶妙なサイズ感はこのブランドだけではないでしょうか。
(下写真左:ナルゲン1.5Lボトル、中央:スタッフサック収納時)


見た目だけでは無い、TICLAのキャンプ愛を感じます!
プライスも抑え目なのでお買い得感ありありです!
コチラの商品は週末からのセールにはかかりませんので、ご安心を!
やっと明日扇風機を出そうと思う小泉がお送りしました!
garegesale201507small.jpg



2015summersalesmall.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top