INOV8注目の新作シューズ

こんばんは、小泉です。
ここ最近アクティビティをやりすぎているせいか、はたまたトレーニングが足りていないせいか、
身体のちょっとしたところを痛める事が続いております。
先週の“伊勢の森”試走では脚の付け根を痛め、昨日のクライミングジムでは背中の筋を痛め、
さて次はどこが悲鳴を上げるのか・・・ 苦笑
そろそろ巷で話題の“コレ”でも飲もうか検討中です 笑
(当店も取り扱い御座います)

さて、ULハイカーやミニマリストの方に大変好評のINOV8(イノヴェイト)より

トレイルランニングシューズの新作“TRAIL ROC”シリーズが入荷致しました。
鮮やかな発色で、なんともイギリスのブランドらしい配色、デザインが素敵です。
3型それぞれ異なる剛性、ドロップ(つま先と踵の高低差)を備え、シチュエーションに応じてお選びいただけます。
アウトソールのパターンはTRAIL ROCシリーズオリジナルで3型とも同一。
3種類の異なる硬さをもったコンパウンドを採用し、およそ4mm高のグリップでINOV8ならではの高いグリップ力を生み出します。
フォアフット着地時に、より前足部での衝撃吸収性を高める為ラストは広めとなっております。
写真1枚目中央の“TRAIL ROC 235”は重量235gとシリーズ中最も軽く、ソール厚0、ドロップ0の
ミニマリスト向けシューズです。
トゥーガードは必要最低限ですが、下からの突き上げからはしっかりと足裏を保護してくれます。
写真1枚目右の“TRAIL ROC 245”は見た目こそ235に限りなく近いですが、ソール厚がつま先6mm、踵9mmの3mmドロップで235より剛性を高めた仕様です。
トゥーガードも若干ですが235より広めです。
ある程度ナチュラルランニングを実践された上級者向けモデルになります。
最後はシリーズ中最も剛性、プロテクション性に優れたモデル“TRAIL ROC 255”
ソール厚はつま先7mm、踵13mmの6mmドロップで、フォアフットランニングのポテンシャルをより高めたい中級者向けの
モデルになります。
アッパーのメッシュも他の2種と違い、より耐久性の高いものを採用。
トゥーガードも厚くて硬く、大胆に足の両サイドまで覆われ、より高いプロテクション性を備えております。
当店取り扱いの“X-TALON”“ROCLITE 312GTX”よりソールが硬く、耐久性に優れるこのTRAIL ROCシリーズ。
より幅広いランナーの方にお勧めできるモデルとなっております。
是非こちらのシューズでINOV8にエントリーしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top