DACを柄に使ったヘリノックスの傘

本日5/28、ここ三重県を含む東海地方も梅雨入り宣言されました。

平年より11日も早く、5月での梅雨入りは記録的に早いようです。
ちなみに、梅雨入りが早いからといって、梅雨明けも早いわけでもないらしいです。

さて、当店取り扱いの傘は、コチラのブランドだけでは御座いません。
というわけで、本日はDAC社の超高力アルミを使用した傘を紹介させて頂きます。

Helinox HXU-500R ¥6,300

Helinoxと言えば、トレッキングポールのイメージが強いかと思いますが、
今期ポールと同じDAC社の“TH-72M”を傘の柄に採用したアイテムが発売されました。

“TH-72M”を軽く説明しますと、DAC社が独自に開発した超高力アルミで、
高強度を誇りながらも、その強度を損なうことなく、シャフトの肉厚を極限まで薄くし軽量化されているという究極のアルミです。

今回の傘を束ねるストラップにも、

“lightweight outdoor abventure equipment”という“軽量”を謳うフレーズが刺繍されております。

実際の軽さも210gと非常に軽量で、ユーロシルムの一番軽いモデルの207gと比較しても3gしか変わらず、
柄の強さは、他ブランドの追随を許さない業界最高のレベルだと思います。

ユーロシルムも大変好評頂いておりますが、人と違うブランドをという方は、
是非ヘリノックスの傘は如何でしょうか?

また、ヘリノックスの今年の新たなラインアップのコチラも大変好評頂いております。
明後日の木曜日には、完売しておりましたBEIGEが再入荷予定です。

本日ブログは、
上野がお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top