Active Shellでは現在最軽量?! HAGLOFS(ホグロフス)のGRAM COMP PULL

ゴールデンウィークを目の前に、お店の近くの田んぼは既に田植えが終わっております。

20.jpg

もうそんな季節なんですね! こんばんは、飯田です。
先日の社長ブログにもございましたが、店内はGW向けホグロフスのスペシャルブースが作られております!
本日、商品の陳列もほぼ終わり、週末を迎える前に皆様にお披露目出来そうです!
23.jpg
尚、27日以降にホグロフス ブースへご来店の方には、非売品ステッカーをプレゼントさせて頂きます!
(ステッカーは枚数に限りがございますので、無くなり次第終了とさせて頂きます。)
22.jpg
さて、そんなホグロフスから個人的に待ちに待っていた、JKTがようやく入荷致しました。
24.jpg
【GRAM COMP PULL ¥39,900 オンラインショップはコチラ】(身長179cm 体重65kg Sサイズ着用)
ゴアテックスのアクティブシェルを使用した防水ジャケット。ホグロフスの中では確実に最軽量で、もしかすると、他ブランドの同素材のジャケットと比較してもナンバー1じゃないのかなと思わせる程。
その軽さは、Sサイズで実測計で約190グラム
30.jpg
(秤がボロボロですみません。笑)
もう、ここまでくるとチョットしたウィンドシェルクラス!
この軽さを実現している理由は、最軽量の素材でを使いながら、必要最小限のパーツで構成されている為。
フードを除く、ボディーの部分は、たったの2枚で生地で作られています。
下の写真の赤いラインの所に大きな縫い目がありますが、
ここから赤ラインの下から両脇腹の前身頃のパーツが一枚と
28.jpg
この赤ラインから上の部分から腕・背中は、一枚生地から作られています。
29.jpg
(写真でお伝えしきれずにすみません。)
こうする事で、無駄に縫い合わせる必要が無くなり、そして、シームテープも不要となり、
結果的に軽量なジャケットが生まれるわけです。
26.jpg
(脇の縫い目は、一枚生地を紡ぐ為の縫い合わせです。)
27.jpg
背中には、全く縫い目が無く、脇腹の部分で前身ごろ生地(パーツ)と縫い合わせられています。
サイジングは、インテンス シリーズ(トレラン用)のジャケットの為、少しタイト気味。
私の場合は、確実にラン用としてチョイスをするので、タイト気味にSサイズでも良い感じ。
25.jpg
収納に関しては、軽さを追及するが為に、スタッフバックやパッカブル等の機能はナシ。
その代わりに、普通にフードに仕舞い込めば、ナルゲンボトル1Lぐらいのサイズになります。
31.jpg
↑この状態でも比較的に余裕があるので、何かのコード等で縛ったり、コンプレッションしたりすれば、
もう少し小さくする事も可能です。
32.jpg
もうすぐ雨のシーズンがやってきます!
天気予報と雲の様子を睨めっこしながら遊ぶのも良いですが、こんなジャケットがあれば、
もう少し雨も楽しめると思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top