アイシング+コンプレッション – 110% PLAY HARDER

 R0139506.jpg

レースシーズンが近づいてきて、オーバートレーニングになっている方も多いのでは。
暑さによるダメージも侮れません。
身体に溜まった熱をとるには水風呂にドボンするのが手っ取り早く、加えて温かいお風呂と交互に入る温冷浴を行うことで素早く疲れをとることが出来ます。
近くに良いお風呂屋さんでもないとなかなか難しく、行く時間もあまりないという方にはこちら。
110% PLAY HARDER Transformer Shorts(⇒)
このブランドのアイテムの特徴は、コンプレッションとアイシングを同時に行えるところ。
ケガをしたときのRICE処置。
Rest(休養),Ice(アイス),Compression(圧迫),Elevation(挙上)、これらを素早く行うことでリカバリーを早めることができます。
R0139519.jpg
110% PLAY HARDERのアイテムは、コンプレッションギア・アイスシート・保冷バッグの3つで構成されています。
R0139516.jpg
再利用が可能なアイスシートを冷やしておき、製品パッケージ兼保冷バッグに入れておけばトレーニング後の火照った身体を素早く冷やすことが可能!
R0139514.jpg
出来るだけ次の日に疲れを残したくない場合や毎日トレーニングしたい場合には、こういった地道なケアが重要となってきます。
もちろん、一般的なコンプレッションタイツとしても使えます。
腰部の前後と太ももの前後にポケットがあるため、ランニングやバイクで酷使する筋肉を効果的にケアすることが可能となっています。
特におしりや太もも裏は、非常にアイシングしにくい場所であるため、理想的なデザイン。
R0139513.jpg
R0139511.jpg
R0139508.jpg
このアイテムは腰から太ももにかけてのパーツですが、膝周りをカバーするBlitz Knee Sleeve pair(⇒)、ふくらはぎ・すね部分をカバーするDouble Life Shin/Ca
lf Sleeves(⇒)もあります。

着圧は強めです。
ただ生地自体が分厚いこともあり全体をソフトに圧迫してくれているイメージ。
それなりにお値段は張りますが、全てをバラバラに揃えることを考えると、オールインワンで揃うこのアイテムは非常に合理的だし、長く使えると思います。

秋のロングレースにむけて今一度自分の身体に目を向けてみてはどうでしょうか?
知らず知らずのうちに疲労は溜まっています。
正直、ケガしてからじゃ遅いですよ~。

Texted by 何回も失敗してきているので自分にも言い聞かせているキョヲヘイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top