シラコンバーチブルパンツとキャニオンS/Sシャツ

暑い日の夜は、熱い風呂に入りたい、こんばんは飯田です。
身体には良さそうな事は一つもありませんが、なんとなく、煮沸されているような感じが味わえ、
個人的に物凄く消毒されている気分になれます。
さて、夏のトレッキングスタイルは、山や行動内容によりますが、比較的に他のシーズンに比べて、自由度が高いと思います。それでも、正直、色々な方面からの影響か、タイツにショートパンツ、ロングの化繊アンダーウェアに化繊Tシャツの重ね着。なんだかだで、このスタイルを好まれる方が多く、『軽登山=このスタイリング』って型が出来てしまっているように思えます。
勿論、スタイリングは自由ですが、ちょっとだけ“自分らしさ”をプラスしてみは如何でしょうか?
そこで、今回オススメするのが、シャツスタイル。

R0138061.jpg

( Silla Convetible Pant ⇒  / Canyon Short Sleeve Shirt ⇒
個人的に、このトレッキング感ゼロの雰囲気が物凄くお気に入り。
R0138077.jpg
BAGもOMMのUltra 12(⇒)をチョイスしています。
R0138096.jpg
トップスにもってきキャニオンショートスリーブは、デザートクロス生地(ナイロン70%、ポリエステル30%)を使用しているので、吸湿速乾性に優れれており、またジャブジャブ洗っても復元性が高いのでシワになりにくく、そのまま着用して頂けます。
わき腹部分は、メッシュ生地を使用しているので、熱をしっかり逃がしてくれ、
R0138104.jpg
また、そのメッシュの目立ちにくさから、普段着としてシャツを着用しても、全く違和感がありません。
R0138102.jpg
ボタンは、ラバー製の物を使用しているので、何かの拍子に割れる心配はありませんが、
ラバーの分、少しボタンを嵌めたり・外したりするのが少し・・・。
R0138066.jpg
それでも、ちょっとした岩場等でボタン破損を気にする事着用出来るのは非常にありがたい!
R0138105.jpg
ポケットは、左側にフラップ付きの物と、右側には縦型のジップポケットが付いております。
そして、パンツはのシラコンバーチブルパンツ。
R0138079.jpg
生地は、軽量で清涼感があり引き裂き強度も強いタスランナイロンを使用。
勿論、名前の如く、コンバーチブルですので、ジッパー一つでショートパンツにもなります。
R0138116.jpg
このコンバーチブル機能、想像以上に実用性は高いので、ロングパンツとショートパンツを両方揃えたい方には、本当にオススメ一本です。
シャツ・パンツ共に、カラー違いもありますので、“自分らしさ”で是非、お選び下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top