以前ご紹介しましたMISSION WORKSHOPのパックたちが店頭・オンラインショップともに出揃いました!(⇒)
見れば見るほどそのつくりの良さと、シンプルでクールなフォルムに引き込まれていきます。
現在三重県ではmoderateのみでの取り扱いとなっており、東海・中部圏ではほとんど見ることのできないブランドです。
細かくチェックされている方はお気づきかと思いますが、Item PhotoのページでMovie Exhibitionとして、過去3度にわたりそれぞれのパックもご紹介させていただいています。
ぱっと見、どれがどれなんだかわからないという方向けに軽くまとめます。
カタチは大きく分けて3種類(当店取り扱いモデル)です。
・バックパック (容量可変モデル) The Vandal(30-65L) , The Rambler(22-44L)
・バックパック (容量一定モデル) The Fitzroy(36L) , The Sanction(16L)
・メッセンジャーバッグ The Shed(35L) , The Rummy(27L) , The Monty(21L)
それぞれのサイズ感、仕様などは以下のムービーにて!
(ムービーは各1分ちょっとずつ)

小旅行や大量の買い物にも使える最大モデルバックパックThe VandalのMovie Exhibition(⇒)

街使いに最も使いやすいサイズのバックパックThe SanctionのMovie Exhibition(⇒)

バックルカラーが目を引くメッセンジャーバッグそれぞれのMovie Exhibition(⇒)
基本的にカテゴリが同じであれば仕様はほとんど同じとなります。
あとは必要な容量でチョイスすれば良いと思います。
デザインもシックで雨にも非常に強いため、スーツに合わせて通勤鞄としてやバイクツーリングの際のバックパックとしても使えるのではないでしょうか。
もちろん本来の目的である、自転車用途にも。
手に入れればほぼ一生使えるのではないかというくらいしっかりとしたバッグ。
飽きの来ないそのフォルムと所有感はテクニカルパックの中でもピカイチかもしれませんね。

texted by いろんなつながりが急速に増えてきて楽しくなってきたキョヲヘイ
ペツルのこいつ、シブいです。タクティカ +RGB(⇒)