昨日に引き続き30度
まだ暑さに慣れていない身体にはこたえますね。
気温よりも身体にまとわり付く湿気の方がダメージが大きい気がします。
これから毎日炎天下のもとランニングをするのかと思うと、もはや気が滅入りますねー。
暑くなるとどうしても気になるのが、弁当や飲み物が腐ってしまわないかというところ。
自分は毎日おにぎりと牛乳のお昼ご飯ですが、傷み対策のために小型のクーラーボックスを使っています。

Air Cell Blocks S (⇒)
またジャストサイズなんです。
これに保冷剤とバナナ1本を追加してもしてもしっかりと蓋を閉めることが出来ます。
シリーズ違いであるAir Cooler フローズンパイント(⇒)は、もともとアイスを保管しておく為に開発されたため保冷性能もお墨付き。
お店には冷蔵庫もありますが、鞄から入れ替えるのを忘れていた!なんてときでも品質をキープしてくれます。
反対に寒い時期には保温効果もあったりと、活躍の場は広かったりします。
また、クッションもしっかりしている為、衝撃を避けたいものの持ち運びにも。
GraniteGearのロングセラーですね。
底部分にはコードが通っているためにパックに外付けすることも可能です。

もうひとまわり大きいMサイズ(⇒)は350ml缶を3本収納する事ができます。
山にビールを持っていくハイカーたちの定番と言っても過言ではないアイテム。
ほか食材の持ち運びにも便利ですね。
大きめのお弁当箱であればこちらに入ってしまうと思います。
蓋裏の小物入れも意外と使えます。
一番小さいXSサイズもあり!(⇒)

また、ナルゲンがジャストフィットする、縦長のAir Coolerシリーズもあります。
写真は1Lサイズ。(⇒)
こちらのアイテムの詳細は以前のブログ記事をご参照!(⇒)
500mlボトルにフィットするサイズもあります。(⇒)
食品を安全に持ち運ぶ為にこんな小型クーラーシリーズはいかがですか?
 

texted by 昨今のクリック合戦の厳しさに驚きを隠せないキョヲヘイ