使い道色々!NEMOのビクトリーブランケット

先日のお休みは友人とともに豊田の岩場へ。
宮川エリアの蛇の目(e)は比較的お手ごろな初段と言われており取り付いたものの、自分のムーブでは核心の一手がなかなか止まらず途方に暮れてた所、後から来た女性が実に上手にそのパートをこなして完登。
自分もそのムーブを真似してやってみたところ、核心が核心で無くなるくらいすんなり出来てしまい、完登する事ができました。
自分のムーブ解析力の低さを反省するとともに、改めて(毎度ですが)クライミングの奥深さを感じた一日でした。
(蛇の目の岩)

さて、今日みたいな陽気になるとクライミングに行ってもピクニックに来たような気分でついついレスト時間が長くなってしまいますが、最近はそれはそれで楽しめているからいいのかななんて気もしています。
NEMOからそんな時間が楽しくなるアイテムが届いていますよ!
“NEMO/ビクトリーブランケット”⇒

ブランケットと言いつつも、ひざ掛け等の用途ではなく、レジャーが快適になる正にレジャーのためのレジャーシート。
こう見えて実は3層構造になっており、表地は柔らかい肌触りが特徴のアクリルフランネル素材。
裏地は汚れや水が浸透しない防水生地。
インナーに薄手のフォーム材を挟み込み、地面の凹凸や冷気を緩和する作りになっています。

裏側の四隅にはループがあり、一般的なレジャーシート同様風に飛ばされないようペグで固定出来ます。
コーナーの一箇所にポケットが縫い付けてあり、貴重品などを入れて内側に畳んで隠しておくことが出来ます。

サイズは2サイズで2Pと4Pが出ており、それぞれ同ブランドの2人用、4人用テントにちょうどよいサイズで作られています。

ゴムバンドとキャリーハンドルが一体化しており、持ち運びも簡単です。
山岳用のタニなどでデイキャンプを楽しむ方も、フロアにこれを敷くだけでまた全然違う雰囲気で快適に過ごせますよ。
(写真のテントはNEMOではありません)

キャンプクライミング合宿を企てている小泉がお送りしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top