オーガニックの一歩先、環境再生型オーガニックへ。

「地球を救う為にビジネスを営む。」patagoniaの現在の経営理念。とてもインパクトが強く、分かりやすい。リサイクル素材やオーガニックコットン等の環境へ配慮した素材を使用する事は勿論のこと、商品を作っている人達の働く環境にも配慮をしている。そんなパタゴニアがさらに一歩踏み込んだアクションを始めています。

 

上の写真に出ている「Regenerative Organic Certification Pilot Cotton」の文字。とても簡単に言うと環境再生型農法によって栽培されたオーガニックコットンを使用しているということ。農薬等を使用しないオーガニックに加え、環境再生…一体どういう意味なんだろう。

 

 

 

もの凄く簡単に言うと、自然そのものの機能を生かして農業を営み、環境を再生する。耕作は必要最低限にして、大量生産を目的とした画一的な栽培を行うのではなく、異なる種類も同時進行で育てる等々….栽培を行う土壌や環境をより良いものへと再生する。それがリジェネラティブ農法。

 

 

 

patagoniaのHPより抜粋したコチラの写真。インドのコットン畑なのですが、綿の木の間に唐辛子やウコンが植えられています。

 

 

 

コチラの写真には鮮やかな花が。マリーゴールド等の発色の良い花は害虫を寄せ付けるので、無毒な害虫対策の一つとして取り入れられています。きっと、始めた当初はとても大変だったと思います。いくら環境に良くても生産性が悪ければ継続出来ない。否定的な意見も沢山出たと思います。しかし、ついにこの環境再生型農法によって栽培されたコットンが製品へと使用され始めました。

 

 

patagonia  Men’s Road To Regenerative Lightweight Tee

普通のコットンTシャツ。そう言ってしまえばそれで終わり。でも、このTシャツに使われているコットンは土壌を回復させ、動物福祉を尊重し、農家の生活を向上するパタゴニアの最高基準に向かって取り組む農場から調達したものなのです。それだけでも「スペシャルなTシャツ」であることに間違いはありません。

 

 

薄手の生地厚は肌当たりが抜群に気持ち良い。風通しも良いのでジメジメ湿気の多い日本の夏でも気持ち良く着る事ができます。もちろん、服を作っている工場の従業員にプレミアム賃金が支払われるフェアトレード・サーティファイドの縫製を採用。

 

 

着用イメージ


【モデル身長:約163cm   体重:約55kg】

トップス:M’s Road To Regenerative LW Tee / size:S / color:BCW

パンツ:M’s Baggies Shorts 5in / size:XS / color:PUR

 

 

トップス:M’s Road To Regenerative LW Tee / size:S / color:NENA

パンツ:M’s Baggies Shorts 5in / size:XS / color:BSBL

 

 

 

トップス:M’s Road To Regenerative LW Tee / size:S / color:INBK

パンツ:M’s Baggies Shorts 5in / size:XS / color:SNBL

 

 

 

トップス:M’s Road To Regenerative LW Tee / size:S / color:MBPI

パンツ:M’s Baggies Shorts 5in / size:XS / color:BLK

 

ちょっとしたお出かけから、下山後のリラックスタイムに。緩く着られるレギュラーフィットのシルエットと滑らかな着心地はヘビロテ間違い無し。店頭で生地に触れて頂くだけでもこの気持ち良さはお分かり頂けるので、気になる方は是非是非。

「環境問題」に関しては、色々な立場と意見があるので一つの考えが全て正しいという訳ではありません。ただ、気持ち良く着られるもの。便利に使えるもの。それが作られる行程で環境が少しでも良くなるなら、選択肢の一つに入れても良いかな…と個人的に思います。「何もしない」ではなく「考えすぎる」でもなく。「出来る範囲で動いてみる」だけでも十分です。

本日のブログは、着々と沢遊びの準備を始めている松下がお届けしました。

 

 

 

 

Scroll to top