山に入る時は「必要な物」と「不要な物」をしっかり区別して、荷物の軽量化を図ります。でも、街中へお出かけする時には、あれやこれやとつい持って行ってしまう。少し買い物へ出かけるぐらいならサコッシュで納まるのですが、旅行となると話は別です。サコッシュでは少し足りない…もう一回り大きい肩掛けカバン。あるんです。

 

THE NORTH FACE Musette Bag (Color/ZG)

元々は兵士などが用いる小雑嚢や野外携帯袋の事を指す「Musette」。使い勝手の良さから今では日常で使用するシーンをよく目にするようになりました。そして、ノースフェイスはIFOAM(国際有機農業運動連盟)に登録されているSkal(オーガニック製品認定機関)認定のオーガニックコットンを使用してミュゼットバッグを作りました。

 

【サコッシュより少し大きいサイズ感】

短辺約26cm/長辺約33cmの長方形をしているのですが、このサイズ感が丁度良いんです。特に、私の様についつい物を多く携帯しがちな方にはおススメ。

 

 

そこで、物は試しです。ちょっと旅行に行く想定で携帯したい物を集めてみました。左上から時計回りに500mlペットボトル、眼鏡(ケース付き)、パンフレット類、手帳、長財布、サングラス、メモ帳兼名刺入れ、ボールペン等々。サコッシュでは到底入りきらない量の荷物を詰めてみます。

 

 

まずは内側に付いている小物入れにサングラスやボールペン、メモ帳を入れます。他にもコンタクトレンズの予備や小銭入れ等、バッグの中で迷子になりやすい物を入れておくのに便利。

 

 

残りは全てポイポイポイと入れます。ペットボトルもスッポリ納まり、カバンから顔を出してしまう物も無いので見た目もスマート。

 

 

あれやこれやと詰めたのはいいですが、心配なのは型崩れ。せっかく荷物が入ってもカバンが極端にボコボコしたり、形がおかしくなってしまったら嫌ですから。でも、意外と生地がシッカリしているのでご安心下さい。今回詰めたアイテムでもご覧の通り。綺麗に納まってくれました。

 

 

ちなみに、ロゴをあまり強調したく無い方にはホワイトカラーがおススメ。生地はどのカラーも生成り仕様なので、様々な洋服に合わせやすくなっています。個人的にはナイフやマッチ、ライターに手袋等の焚火アイテムを入れて火を触る際にも携帯したいバッグ。化繊に比べて熱にも強いでの細かい気を使わなくても良いですし。

今年の大型連休、ご旅行の際には是非Musette Bag をお試し下さい。痒い所に手が届く丁度良いサイズ感はヘビーユース間違い無しです!

 

本日のブログは、店長と共に朝一の多度山藪漕ぎでパンツがボロボロになった松下がお届けしました。