昨日の雨のお陰か、今日は幾分か涼しくなりましたね。これからの時期は、雨が降るたびに少しずつ気温も下がり、秋に深みがましてくるのがより肌に感じられるいい季節です。

さて、前回私が書いたブログ「OMMレースにもオススメ 冬のランニングタイツ&パンツ ARC’ERYX編」(⇒)の続きとして、今回はpatagonia編として商品をご紹介させて頂きます。

 


OMMレースにもオススメ 冬のランニングタイツ&パンツ patagonia編

patagonia
Men’s Wind Shield Pants(⇒

Wind Shield Pantsは、お尻とヒザ裏のエリアを除く殆どの部分で、透湿性と防水性(※)を兼ね備えた生地を使用し冷たい空気などをシャットアウトしつつも、動きやすさと蒸れを放出する為に、お尻とヒザ裏のみだけにジャージー素材(ポリエステル85%/ポリウレタン15%混紡)を使用した、ハイブリットタイプのパンツ。

(※)防水性の生地ですが、シーム処理等はされておりませんので、パンツとしては完全防水のモノではありません。

前回のブログでご紹介した、ARC’TERYXのTrino Tight(⇒)とほぼ同じコンセプトで作られており、双方の違いと言えば、防風フィルムの素材がGORE WINDSTOPPERかブランドオリジナルか、あとは、その防風生地がどのような位置に使用されているかの差になりますかね。

お尻の生地厚については、若干ARC’TERYXのが気持ち厚手に対して、ストレッチ性が高いのはpatagoniaとなるので、ちょっとでも足上げのストレスを軽減したい方は、patagoniaのWind Shield Pantsのがオススメ。


(179cm / 65kg)
トップス:patagonia / Capilene Thermal Weight Zip Neck Hoody / size:M / (⇒
パンツ:patagonia / Wind Shield Pants / size:M / (⇒
シューズ:ALTRA / TIMP TRAIL / (⇒
ザック:Ultimate Direction / Fastpack 35 / (⇒
帽子:patagonia / Duckbill Cap / (⇒


その他の機能として―。

ジッパー式のハンドウォーマーポケット

ジッパー式の裾(スナップボタンとラバーグリップ付き)

個人的には、裾の内側に付けられた、ラバーグリップが色々なブーツとの(ハイカットからプラブーツ系まで)フィット感が増すので非常にオススメのポイント!

一方、裾に取り付けられたスナップボタンは、ジッパーを上げて裾幅を広げた時に、メス側のスナップボタンがパタパタすると思われるので、裾幅を広げて使われる方は少しカスタマイズした方が良いと思います。

まぁ~、裾幅を広げない方には特に問題が無いので、そこまで気にするポイントではないと思います。

兎に角、ウィンドシールド系の生地をふんだんに使い、足上げの良さを考慮したお尻まわりのストレッチの高さは、OMMレースだけでなく、冬のアクティビティーに是非使って頂きたいアイテムのヒトツですね!

先日、桑名のゴンゾーパークデビューしました!
投稿者:飯田


<お知らせ>

HANGOUT(ハングアウト)開催! 

■開催日時:2017年10月14日(土)・15日(日)9時~16時
■参加費:無料(各ブースでの開催イベントによっては別途参加費が必要です)
■主催:HANGOUT 実行委員会
■後援:新城スポーツツーリズム推進実行委員会
■会場:愛知県民の森(愛知県新城市門谷鳳来寺 門谷鳳来寺7-60)

東海地区でこれだけのコアブランドが一同に集まった体験型のイベントは本当に珍しく、参加して頂いく価値は絶対にあります!

是非、皆様お誘いあわせのうえ、ご参加お待ちしております。