OMM LITEで持っていったもの、思ったこと、書きます。

 

 

【持っていった物】

雨対策

雨はたまに降る程度だったのでグローブは残念ながら登場なし。恥ずかしながら一切走っていないので、時よりの雨もレインジャケットを着ることなく傘で対応。

雨が降った時用にザックの中のものは全てオルトリーブのドライサックへ。


日焼け・暑さ対策

  

日よけは帽子ときどきヘアバンドで。3rdRockの日焼け止めは少しこってりしているので、化粧水でのばしたほうが塗りやすいです。塗った感じは”ペトペト”って感じです。正直、ジメジメした梅雨の時期での使用は塗り直しに抵抗がありました。日常での使用や、化粧下地としては問題なく使用できます。梅雨以外でのシーズンでの使用、また水に溶けても問題ないので海や川などでの使用がオススメでございます。

 

 


 【特に持っていって良かったもの】

AXESQUIN | シュゴ(

スタート前に雨が降ってきたので、ナイロンのロングパンツからシュゴに急遽変更!結局スタートしてすぐに天気は回復し、雨もときどきぱらつく程度で履かなくても大丈夫なくらいの天気だったのですが、、、快適!下着の上から着用しても蒸れることも、肌にまとわりつくこもなかったです。雨の日はもちろん、この後どうなるかなあと、天気が怪しいときに履くのにはもってこいです。以前ブログ()にも書きましたが、カタチが太いので裾はショートパンツくらいの丈になるまで捲れます。気温と湿度が上がればこのスタイルが◎です。


EXPED | VISTA ORGANISER A6(

最近、急に欲しくなって買ったものの1つ。“クルクル、カチッ”のタイプではないので物の出し入れが本当に楽です。OMM LITEではカメラケースとして使いました。写真を撮りたいけど、濡らしたくない、でもすぐ取り出したいワガママな私にベストなA6サイズ!山と道のサコッシュに入れて〜。カメラを入れてもたいぶ余裕がありました。


FLOAT | GAIA(

私の中でサングラスは”眩しい時に掛けるもの”でした。もちろんそれも1つあるのですが、偏光レンズは余分な光をカットしてくれるので、最近は、眩しいどうこうよりも、”景色が綺麗に見えるから掛ける”にサングラスを使用する理由が変わってきました。景色が綺麗に見えるから歩くのが楽しくなって自然と足取りは速くなります。


手ぬぐい(

いつも首だけ日差しから守れず、変な焼け方をするので、手ぬぐいを巻いて首を保護。風をしっかり通すので、熱がこもることなく快適です。山頂に着いたら水道水で濡らし、首に巻いてアイシング。生き返りました〜。

手ぬぐいは”伊勢木綿”のものを使っています。伊勢木綿は、撚りの弱い糸を使用しており、洗っていくうちに綿(わた)に戻ろうとするので、どんどんやわらかくなっていきます。使い込むほど肌触りが良くなり、水に濡らして長時間首に巻いていても不快感は一切なく、通気性がいいので気づいたときには乾いていました。

moderateでもmimie(ミミエ)というオリジナルブランドから伊勢木綿の手ぬぐいを展開しております。三重にゆかりのある人にデザインして頂いたり、三重に関連のあるイラストが描かれています。是非、チェックしてみてください→(


OMM LITE1日目は7月中旬ということもあり、涼しさを優先し、ショートパンツ×生脚で行動しましたが、虫刺されと藪漕ぎのせいで膝から下が無様な状態です。ウェアの下は、少し暑くてもタイツやロングパンツが良いと思いました。特に女性は、、、。

 

ゆあさでした。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

© 1995 TAMAYA co.,ltd.