おそらく、三重県では初開催?となる、RESOLUTE FAIRを開催致します。

RESOLUTE(リソルト)という言葉を直訳すると、「決然とした」「断固とした」「毅然(きぜん)とした」という意味があります。

一世を風靡したドメスティックデニムブランドの”ドゥニーム”の元デザイナー林芳亨氏が自ら設立したデニムブランドは、まさに、そのブランドネームに相応しいデニムを作り続けています。

時々、アウトドアショップにデニムブランドが並ぶ事にご質問を頂きますが、私たちはデニムを、アウトドア好きの方の日常から旅等で必要とする”道具”としてお使い頂ければと思いセレクトさせて頂いております。

デニムは、穿いた分の時間や経験の分が刻まれるように経年劣化をし、苦楽を共にした相棒のように思えてきます。

最近では、薬品加工されて出来上がった風なデニムや、過度な立体裁断されたデニム等、本来のデニムの良さを消し去るようなモノもあります。それは、一つの文化や流行として悪いわけではありませんが、本当の意味を持つデニムを久々に穿いて育ててみませんか?

是非、イベントにお越し頂き、何処か懐かしさと本物を感じられるデニムを手に取って頂ければと思います。


■イベント日程


2017年10月21日(土)~10月29日(日)
⇒ RESOLUTE WEEK 

イベント期間中は、いつも店頭に並んでいないモデルやサイズが一堂に揃います!
試してみたかったサイズや、気になってモデル等を実際に手にして頂けるチャンスです!

 


2017年10月21日(土)~10月22日(日)
⇒ フィッティングイベント 

RESOLUTE WEEKスタートの二日間は、リゾルトの生みの親でもありデニムデザイナーの林 芳亨氏にお招きし、店頭にてフィッティングイベントを開催させて頂きます。

ご自身の体型にあったデニム選びを、デザイナーの林氏のアドバイスのもと選べるまたとないチャンス。

 


RESOLUTEとは?

国産デニム業界で20年以上デザイナーを務め、その黎明期からデニムファンに支持されてきた林 芳亨(はやし よしゆき)が新たに立ち上げたブランドが RESOLUTE(リゾルト)です。

RESOLUTEはメイド・イン・ジャパンにこだわり、織布から染め、縫製、仕上げまでの全生産工程が西日本の中国地方、備後地区の熟練のデニム職人たちの手によって行われます。 昔ながらの染色方法、旧式織機で織られたオリジナルの生地の最大の特徴は、手に取るようにわかる毛羽立ち。この毛羽立ちこそが味のある色落ちに不可欠な要素なのです。穿きこみ、身体に馴染んでいくにつれて、膝や腰、股など摺れる部分から毛羽がなくなっていき、そこから色が落ちていく。毛羽がなくなった部分は淡く、残っている部分は濃い色のまま。この濃淡が1本のデニムに絶妙なカラーコントラストを生み出すのです。したがって、RESOLUTEのデニムが穿き手にあわせて「仕上がって」いくには、少なくとも1年は穿き続けなければなりません。ですが、「最初はもっさいパンツやけど、穿きこんだらええ色になる」というデザイナー林の言葉通り、あえて加工を施さないベーシックなデニムだからこそ、穿きこむことで身体に馴染んでいき、そこから生まれる色落ちが唯一無二の「加工」となっていくのです。RESOLUTEが目指すのは、トップスとシューズを選ばない、どんなコーディネートにも合わせることができる、いわば「道具」としてのデニム。デニム=アメカジにとらわれることなく、仕立ての良いジャケットやコート、ドレスシャツにタイドアップといった大人のデニムの着こなしにもしっかりフィットするパンツを目指しています。

そして、RESOLUTEが4型のみのラインナップに拘るのは、「何年経っても手に入る理想の定番を作り続けたい」という林の職人たる思いが込められているからです。1年、2年と穿きこんで色落ちを楽しんだ後に、また新たな同じものがほしいと思ったときに買えるデニムを、さらに言えば10年後、20年後にも買えるようなデニムブランドでありたいというのがデザイナー林の理想なのです。基本となるモデルは、リーバイスの通称「66モデル」をモチーフにしたLot.710、同じく「XXモデル」のモチーフ、Lot.711の2型。これらに加えてジッパーフライのLot.712と、Lot.710の股上を浅くしたLot.713の全4型。 勿論、どのロットにも個性はありますが、主張しすぎないベーシックなデニムであることには変わりありません。いまや世界的に評価の高いジャパンデニム。そのなかで頂点を目指すべく、RESOLUTEは進化を続けていきます。

(引用:オフィシャルページ ⇒  )

© 1995 TAMAYA co.,ltd.