行燈風シェード [AX0229]|AXESQUIN 入荷しました。



AXESQUIN | アクシーズクイン

アクシーズクイン 行燈風シェード

■メーカー説明文引用
旅館、料亭、神社などでは今でも使われている行燈。
江戸時代に普及した行燈には、色々な種類がありますが、LEDライトやヘッデンを中に入れるだけで、吊るし行燈としても置き行燈としても使える、とても軽くてパッキングスペースを必要としない行燈風シェードです。
すでに販売しているシノギチャブダイに置いてあかりを灯せば斜めの格子模様と凌の文字が浮かび上がり、やわらかな灯りに包まれて食べる夕食はまるで山の中の小料理屋にいるような気分にさせてくれます。
タープに吊るして下の巾着を広げればまあるいあかりが落ち葉を照らしてシノギングの空間に安らぎを与えてくれるでしょう。
凌ぎは美学、これには是非電球色の光源を使っていただきたいものです。
巾着を絞れば光に寄ってくる羽虫の侵入を防ぐことができて、行燈として使わない時にはスタッフバッグとしても使えます。
ちなみに、東京の凌フィールドで馴染み深い高尾山口駅のホームの照明も行燈のデザインになっています。
お出かけの際にはチェックしてみてください。

■仕様
・ 小型LEDライトやヘッデンの灯りを行燈風に演出
・ 使いやすい上下開きの口布&巾着絞り
・ シノギチャブダイに置くこともタープに吊るすことも可
・ スタッフバッグとしても使用可能
・ 凌プリント
・ 軽量コンパクト
・ 福井県越前市の自社工場製

■品番:AX0229
■素材:本体 ポリエステル62%、ナイロン38%、口布 ポリエステル100%
■重量:14g
■サイズ:口布5.5cm+本体12cm+口布5.5cm、直径8cm

※こちらの商品は実店舗及び、弊社が運営する他ショッピングサイトと在庫を共有して販売しております。
ご注文受付後の在庫確認となり、場合によっては在庫切れが発生する可能性もございます。
その際は申し訳ございませんがメールでお知らせ致しますのでご了承下さいませ。

※メーカー画像を使用しておりますので本商品と多少仕様(ロゴの位置やカラー、柄の位置等)が異なる場合もございます。

 


行燈風シェード [AX0229] 商品詳細ページへ



Scroll to top