山コーヒーのススメ。

あったかーい飲み物が恋しくなる季節ですね。
自分はよくコーヒーを飲みますが、これが山でも楽しめたら~と思います。
最近はランだけでなくハイクで山に入ることも増えてきているので、幕営ポイントや休憩時にもゆっくりする時が多くなってきました。
家やカフェでよく見かけるコーヒーセットなどはガラス製や陶器製など、フィールドで使うには気を使うものが多いです。
オートキャンプであればまだしも、自ら担いで歩くのであれば荷物もコンパクトにしたいもの。

そんな要望をかなえてくれるアイテムがGSIからリリースされています。
抽出やメンテナンスが簡単なフレンチプレスのタイプです。
フレンチプレスは、コーヒー豆とお湯をいれ、しばらく置いてからプレスして抽出する手法で、手軽であること、豆の風味をすべて味わえることなどから人気があります。
IMG_9890.jpg
約30oz(850ml)ものコーヒーを抽出できるジャバプレス(⇒)
IMG_9888.jpg
マグとフレンチプレスがセットになっており携帯性に優れたモデル。
パーソナルジャバプレス(⇒)
マグ単体での使用も可能です。
IMG_9887.jpg
全てスタッキングできるように設計されているため、持ち運びもカンタン。
IMG_9884.jpg
タンブラータイプで容量もあり、かつプレスと一体化しているため気軽に持ち運べるモデル。
コミュータージャバプレス(⇒)
IMG_9886.jpg
IMG_9885.jpg
どれもBPAフリーのプラスチック素材のため、中身が冷めにくくメンテナンスも容易です。
パーツ毎に分解して洗えるところもいいですね。
また、コジー(保温用のカバー)もあり、さらに冷めにくくする工夫もされています。
IMG_9893.jpg
ウルトラライトジャバドリップ(⇒)
どうしてもハンドドリップじゃないと!という方や、もっとコンパクトにしたいという方はこちら。
IMG_9894.jpg
IMG_9895.jpg
250g OD缶の底部分と同じサイズのため、ソロクッカーにも収まってしまう気軽さが大きな特長。
プラスチックの留め具はカップの縁にしっかりとはまってくれるため安定したドリップができます。
ペーパーフィルターは別途必要になりますが軽量化には有効です。
IMG_9892.jpg
山で挽きたてのコーヒー豆を使って淹れるコーヒー。
素晴らしく贅沢な時間です。
写真はセラミックコーヒーミル(⇒)。ミニもあります。(⇒)
今日は朝イチでトレイルへ。
ずっと一緒に走りたかった友人と、ランニングセッション。
ハイクは行ったことがあるものの、ランニングでは初。
ようやくタイミングが合い、なんと朝5時にスタート(笑
まだ真っ暗なのに、駐車場にはすでに数台の車が。さすが日曜日ですね。
IMG_9903.jpg
徐々に空が明るんできて良い雰囲気に。
いつも思いますが、この夜明けを山で迎えるのはものすごくたくさんのエネルギーをもらえるような気がして大好きです。
どれだけレースで疲労していても、日が昇ると安堵感と共にチカラがわいてきますね。
IMG_9919.jpg
知っているトレイルでも夜はまた異なる雰囲気。
約2.5時間、9kmのラウンドコースで.。
戻ってくると駐車場は一杯。登ってくる皆さんの不思議な視線が集まりました。
たまらなく楽しいセッションでした。定例化するかも?
またいきましょう!
 

texted by 野宿にかなり慣れてしまったキョヲヘイ
garminが壊れてしまったので乗り換え検討中です。(⇒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top