止まらない進化 – ALTRA Lone Peak 2.5

TOR15_day1_COURMAYEUR PARTENZA_PH STEFANO JEANTET1
サポートライダーの阪田 啓一郎氏。
現在彼はイタリアに遠征中。
(スタート写真に彼も小さく写っています。ご存知の方は探してみてください。右の方)
photo by "Tor des Geants Endurance Trail" from flickr (⇒)
現地時間の9/13 10時(日本時間同日17時)スタートのTour de geants(トルデジアン)。
約330kmの旅が始まっています。
エントリーすると聞いた時からいろいろと相談を受けていましたが、
無事現地に到着できたようで、後は走りきるのみ!
現地へとサポートにいけないのは非常に残念なのですが、遠い日本から応援してます!
レースライブ中継と各CP通過時刻はこちらから確認できます。(⇒)
ビブナンバーは1045。
一つ目のチェックポイントでは73番目に通過したよう。
3,4日はずっとこのサイトをチェックすることになりそうです。
トップはチームWAAのクリストフ。
まだまだ始まったばかりなのでどうなるか楽しみです。
そんなロングレースにも使えるであろうシューズが今季モデルチェンジして入荷です。

1.0、1.5、2.0ときて、今シーズン2.5にアップデート。
ALTRA LONE PEAK 2.5(⇒,)
悔しいくらい良くなってますね。

カラーも初代のように落ち着きを見せ、かなり好きな配色に。
手前からSteel,Rio Red,Desert Sunflower(W's),Black/Red(LonePeak2.0)

2.0と比較すると全体的にデザインがシュッとしています。
山のデザインも復活。

より足のシェイプに近づき、フィット感が向上しています。

もともとアルトラはヒールカップがやわらかく作られており、悪く言えばルーズな印象でした。
良い部分でのルーズさを残しながらもシェイプが改められているのが見て取れます。

フィットの向上により、甲部分にあった補強は廃されて軽量、シンプルに。
サイズは2.0と同じで良いと思います。
アッパーのメッシュも初代に戻ったような印象です。

かかととつま先部分のロッカー形状も少し強めになっており、より足を自然に回転させられるように。

ソールパターンは大きな変更はありませんが、コンパウンドが少しだけやわらかくなり、
岩などで取れてしまうことが少なくなっている模様。

つま先部分のラグの角度は少しだけ変更になっていました。

先日フィールドにて試し履きをする機会があったので、ウェットコンディションでテストしてみましたが、
すばらしいの一言。
いまだ初代を履き続けている人は、これ買っとかないと損します。絶対。

女子カラーはかわいらしいですね。

実測重量は288g(US9,片足)。
同サイズの2.0が324gなので、約10%の軽量化がなされています。
ミッドソールの厚さは1mmしか変わっていないので、この数字はかなり大きく見えます。
しかし、2.0のしっかりとしたソールとクッション性のよさは捨てがたいものがあり、
ファストパッキングや宴会用荷物を積み込んだとき、ひどくガレた路面が続くときなど2.0が頼もしいのも事実。
手持ちの2.0もまだまだ現役なので、すべてのシチュエーションにおける2.5への乗り換えはまだ先かなと思っています。
2.0も少し残っていますのでこちらもぜひ!(⇒)
これからシューズを買うという方は、2.0と2.5、またSuperior2.0(⇒)が揃えば、
どんなトレイルでもいけてしまうはず。
またすばらしいシューズの誕生です。
 

texted by 久しぶりにロングレースに出たいと思ったキョヲヘイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top