雪中泊に欠かせないダウンブーティー揃ってます!

今日の四日市は朝方にかけて結構な雪が降り、こんな感じにお店の脇はちょっとだけ積もりました。

しかしその後は快晴に恵まれ、今では殆ど解けてしまいなんだかうれしいような寂しいような。
御在所帰りのお客様も、「意外と雪が付いていない」と仰っていました。
ただ県北部は相当降った模様ですので、明日の藤原岳なんかは非常に面白いのではないでしょうか!?
さて、県内の某高校の山岳部さんは冬の藤原岳でテン泊合宿をされるようで、非常に羨ましく思いますが、
そんな時必須のダウンブーティーがまだまだ揃っていますよ。
NANGAは今年ひと品番取り扱いを増やし2型取り扱っています。

新しく取り扱いを始めた“TENT SHOES SHORT”(上写真右⇒)は中綿量80gと“TENT BOOTS”(上写真左⇒)に比べ20g多いにもかかわらず、総重量は160gとTENT BOOTSより30g軽い仕様。
左右関係なく履くことが出来、ドローコードも付属。

アッパーはオーロラテックスを使用し、防水仕様に。

底面は少し生地の耐久性を上げており、擦れに強くなっています。
スタッフサックに入れるとこの大きさです。

TENT BOOTS(上写真中央),TENT SHOES SHORT(上写真右)

同社のブーティーは生地のパーツの少なさ、ワンサイズ展開にするなど、コストダウンが図られているのにも好感が持てますね。
WESTERN MOUNTAINEERINGは昨シーズンと同じく3品番をラインナップ。

軽さに特化したフラッシュブーティー(⇒)、軽さと保温、歩行性も考慮されたダウンブーティー(⇒)、ウィンドストッパーを使い、膝下まで防風性能を持たせエクスペディションブーティー(⇒)。

全てのモデルにはドローコードが付いています。
ダウンブーティーとエクスペディションブーティーは足首辺りにもゴムが仕込まれており、ゆるい見た目とは裏腹に高いホールド感があります。
方足丸めてみましたが、意外とどれも収納サイズは似通ったものでした。

もちろんアウトドアだけでなくおうちでもお使いいただけますよ!
女性の方はこちらがオススメです。(⇒)
しっかり羽毛布団で寝ても身体が温まらない小泉がお送りしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top