今年の水遊びにはこの1足! – salomon CROSS AMPHIBIAN

20℃を超えるような日も増えてきて、水遊びが出来るシーズンはもう目の前まで来ています。
ルナサンダル、ゼロシューズ、Chaco、keenとサンダルは多数入荷してきていますが、
水辺でもストレス無く履くことの出来るものは意外と少なかったりします。
水中でも履き物が水にもっていかれにくい、軽い、水抜けが良い、グリップする、足の動きに追従する。
これらは川などに足を突っ込んでみるとよく分かりますが、ビーチサンダルなどは水に突っ込んだ瞬間に
流れに持って行かれてしまうことがしばしば。
そんな要望を知ってか知らずか、足を守りながらもストレス無く遊ぶことの出来るサンダル(?)がサロモンより登場です。

CROSS AMPHIBIAN(クロス アンフィビアン) (Men's⇒ , Women's⇒)
右の黒×赤モデルがメンズ、左の黒×ピンク×白がレディースモデルです。



これはぜひ裸足で履いて頂きたい!
サロモンの特性でもある吸い付くような素晴らしいフィット感はそのままに、アッパーは指が透けて見えるほどの
フルメッシュで涼しさと水抜け性を得ています。

特に足首部分のぴたっとくるつくりは秀逸で、まったく違和感なしにフィットしてくれます。
こうなっていることで水中でも脱げにくく、また小石などの異物が中に入ることを防いでくれます。

また、足全体を守ってくれることでなにがあるかわからない水中でも安心して動き回ることが可能。
トゥガードも小さいながらしっかりと付けられています。

履き心地を高めているのは、実はインソールが入っているからという理由もあります。
履いたイメージは超軽量のランニングシューズ!
温暖な時期の軽いハイキング、川遊び、また涼しいシューズとして普段履きにも適します。
屈曲性が高く、足の動きを邪魔しないので履いていて本当に気持ちいいですね。

また、アウトソールには波状にスリットが入れられており、排水性を高めることでグリップ性能を高めています。
これまでにない完成度で作られたウォーターシューズ。
かなり幅広いシーンで活躍すること間違いなし。
実測重量は片足187g(US7.5)。
サンダルに飽きた、でも靴を履くのは暑苦しいという方にはぜひ!
イベントのお知らせです。
来る5/1(日)、ALTRAジャパンのスタッフであり、TAKE Foot Worksの川上武則氏をお招きして
LTRクリニックとカスタムインソール作成会を開催します!
改めてFacebookやNewsなどで詳細をお知らせいたしますので、予定をあけておいてください!
LTRクリニックはAMの部10名ほど、PMの部6名ほど、インソール作成は5名ほどを予定しています。
こうご期待!
 

texted by 気候の変化に翻弄されっぱなしのキョヲヘイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top