こんばんは、飯田です。
明日以降は、この荒れた天気も少し落ち着きそうですかね。
ゲレンデも含め雪山のコンディションも今回の雪で回復ですかね。
そんな中、今週末(3/5-6)には、岐阜県の高鷲スノーパークにて、BURTONのTESTRIDE(試乗会)(⇒)が開催されます。
(同時開催で、SBJ ON SNOWと言われる、スノーブランド合同試乗会の開催もございます)

今年は暖冬の為、春先に開催が多い試乗会関連は、良いコンディションで滑るのは難しいのではと思っていただけに、今回のこのタイミングは非常に魅力的です!
もし、この週末ゲレンデライドを楽しまれるのであれば、高鷲スノーパークへ行き、試乗会で来期のボードを数本乗るがオススメ!
そして、BURTONで絶対に試乗しておくべきボードは、FAMILY TREEのシリーズより新しく発売される、BRANCH MANAGER

印象としては、BIG MOUNTAINを滑る為のボードというよりかは、スノーサーフ的なライディングで、ツリーランやゲレンデライドを楽しめる、パウダー系のオールマイティーボードいった感じ。
それを裏付ける?かの如く、スペックは4mmのテイパードシェイプに、セットバックが25mmとド・パウダーボードではない感じ。
足元にはキャンバーがあり、ピステンバーン等ではしっかり雪面を捕らえ気持ちよいカービングが楽しめ、前足側入ったロッカーでパウダーでは板が浮いてくる。
なんとなくスペックや形状だけで言えば、一般的なディレクショナルボードだけど、パウダーの上に立ったときに真っ直ぐ立てる不思議なボード。
サイズレングスは、155cmと159cmの2サイズ展開。
このサイズ展開だけを聞けば、多くの日本人の方が155cmをチョイスしたくなると思いますが、個人的には159cmがオススメ!
(特に通常ボードを151~156を乗られている方ならなおさら!)
この不思議な乗り心地を実現しているのは、実は極端に身近に有効エッジにあります。
2016/2017シーズン スペック(有効エッジのみ)

MODEL 有効エッジ
BRANCH MANAGER 155 1057 mm
BRANCH MANAGER 159 1097 mm
CUSTOM 148 1122 mm
CUSTOM 151 1152 mm
CUSTOM 154 1182 mm
CUSTOM 156 1202 mm
SKIP JACK SURF 148 1140 mm
LANDLORD 159 1195 mm

例えば、BRANCH MANAGER159は、ボード自体の長さは159cmと長いですが、有効エッジだけで言えばCUSTOM 148cmよりも短く、ゲレンデライディングの時には159cmという長さを感じにくく、パウダーに入れば159の浮力の恩恵をもらえ、ターンをすればコンパクトな感じライドフィールが得られます。
IMG_3562.jpg
グラフィックも、大人な感じで非常にGOOD!
ソール側の森の写真は、BURTONのベテランフォトグラファーでもある、ディーン・ブロット・グレイが撮影した手付かずの冬景色を採用したもの!
トップシートのテール側には、その写真を撮影した時のレンズやシャッタースピードの設定、また、撮影ポイントをGPSの数値で表した、マニアを擽るようなデータまで記載されています。
IMG_3561.jpg
正直、長身が大きく体格の良いライダーには、159cmというのは少し物足りないかもしれませんが、多くのユーザーに是非試乗して頂きたいボードです!
ちなみ・・・
試乗会に参加するには身分証明書をもって受付が必要となります。
実は、この受付がどうしても混み合うのですが、moderateまたは、A-BONYにて事前受付をする事が可能です。
しかも!
当日受付のお客様は10時から試乗出来るのに対して、ショップにて事前受付をされたお客様に関しては、9時より試乗をするメリットもございます!
是非、事前受付を済ませてから、試乗会に参加する事をオススメ致します。
*事前受付をされた場合でも、現地では身分証明書が必要となります!
明日(水曜日)は、定休日を頂いており、WEBショッピングからのご注文、及び、商品のお問合せのご返答等は木曜日以降となりますので、予めご了承下さい。
さて、明日は久々に白馬にてBCです!
風とガスが出なければ良いのですがね・・・。
楽しみでしかたがありません!
 


イベントのお知らせ