THE NORTH FACE Flight Emergency Hoodie

風を遮る為に着用するウィンドシェル。軽くてコンパクト。肌寒い時にサッと羽織れる。ちょっとした通り雨ならレインを着る事もなく、ウィンドシェルでやり過ごす。現代の山遊びシーンでは必要不可欠と言っても過言では無い程、使用頻度の高いアイテム。こと、トレランシーンにおいても、これからの季節は使用頻度が高くなります。本日は、ノースフェイスから新たに登場したウィンドシェルをご紹介させて頂きます。

 

 

THE NORTH FACE  / Flight Emergency Hoodie

よく見るシャカシャカのウィンドシェル….とは大きく一線を画しているコンセプトのもと、開発されたフライトエマージェンシージャケット。その名の通りトレラン時のエマージェンシー用途として使用出来るよう作られたアイテムとなります。その一番の目的は速効的な体温の保持。風を遮るウィンドシェルとしての機能だけでなく、着て直ぐに暖かみを感じられる機能が備わっています。

 

 

その秘密は裏地に施されたスパッタリング加工のチタンコーティング。このコーティングによって体から出ている熱を輻射して、着て直ぐに暖かみを感じられるようてになっているのです。緊急時は勿論の事、トレランレースのエイド等のストップ&ゴーを繰り返す時にはとても便利。

 

 

ジッパーの入り方が特殊で、プルオーバータイプになるのですが何と下から開く仕様になっています。この形状により開けっ放しで走ったり行動してもジャケットの中に空気が溜まりにくいので、空気による抵抗を少なく出来ます。

 

 

また、ダブルファスナーにもなっているので上から少し開けて微妙な換気をする事も可能。停滞時だけでなく、そこからの動き出した時や低温化で動き続ける時も考慮した作りとなっています。稜線に出たとたんに襲い来る強風。一気に奪われる体温を守る為にはウィンドシェル以上の防寒力が必要。しかしハードシェルでは暑くなりすぎる。そんな時にも活躍してくれる一着です。

 

 


【モデル身長:約163cm   体重:約55kg   Size:Sを着用】

 

 

トレランパックの上からガバっと被れるように作られているので、全体的に余裕を持たせた形。チタンコーティングがされているからと言って、エマージェンシーシートの様なガサガサ感は全くありません。

 

 

肩・腕回りの自由度も申し分なし。着用したまま走ったり、動いたりしても動きにくさやストレスを感じる心配も無し。着たそばから暖かみを感じる生地に動きやすさが加わり、後気になるのは重量。生地にコーティングされているチタンと言えば金属の中でも軽量な部類に入りますが、言っても金属。そこそこの重量が出てしまうのでは…と思ってしまうトコロ。

 

 

しかし、そんな心配とは裏腹に専用スタッフサック込でSサイズで約83g、Mサイズで約85g、Lサイズで約90g、XLサイズで約95gと非常に軽量。極力無駄を省いており、ドローコードは裾のみとシンプルな作りに仕上げる事でこの軽さに仕上げています。

 

 

フード回りもドローコード等が配されていないのですが、立体裁断により頭回りへのフィット感は良好。首回りに余裕があるので、ネックウォーマー等を付けていても首元の詰まりを感じず顔の動きを妨げません。

風を遮るだけでなく、輻射熱により着た瞬間から暖かみを感じられる。今までになかったタイプのウィンドシェル。「エマージェンシーシートを着られるようにする。」という着眼点から生まれたFlight Emergency Hoodie は私の中で今季最もノースフェイスらしい新たなジャンルのアイテムと言えます。

冬の寒さに負けず走られるランナーの皆様に是非試して頂きたい一着です。気になる方は店頭で是非ご試着下さい。

 

本日のブログは、松下がお届け致しました。

 

 

 

 

 

Scroll to top