シルエットと穿き心地の良さを兼ね備えたpatagonia Skyline Traveler Pants (スカイラン・トラベラー・パンツ)

明日の定休日は、moderateの姉妹店でもあるスノーボードショップA-BONYの若いお客さんとスノーボードへ行く。年齢は、自分の子供と言ってもおかしくないほど年の差があり、しかも、まだレンタルでスノーボードを楽しむエントリーユーザー。

今年は、ゲレンデで大学生と思われる若い世代を多く見かけた。そして、その子たちが身にまとうウェアーや使うギアは、僕が若かった頃に使っていたモノで、おそらくそれは倉庫に収納されしばらく日の目を浴びなかった、その子達の親の道具なのだと思う。

若い子達が親世代の道具を使って滑る姿は、いい意味でリバイバル感が出ていて、僕の感覚でいうと兎に角カッコイイ。

そんなリバイバル世代のスノーボーダーが、無邪気に友達同士でノリと勢いでスノーボードを楽しんでいる姿が、なんだか嬉しく思うし、だからこそ、僕達が楽しんできたスノーボードのシーンや感覚を教え・伝えたいと思っている。今の流行りの滑りがカッコ悪いとか、僕達の感覚が良いとかではなくて、YOUTUBEやネットからは教わらない、感覚的なモノを伝えられたらと思っている。

これって、もしかするとただのお節介オジさんなのかもしれないけど、それでも、もっとリアルな繋がりや、自分が感じてきた感覚等を伝えて行くことに、僕達はもっと一生懸命になって良いのではと最近思う。

そんなこんなで、明日は若い世代と滑れるとあってか、今までとは違ったワクワク感が湧いて出てきている。

 


シルエットと穿き心地の良さを兼ね備えた
patagonia Skyline Traveler Pants (→

今から梅雨明けぐらいまで、ロングパンツが街でもフィールドでも使いやすい季節。数年前から発売され、着実にファンを増やし続けているpatagonia Skyline Traveler Pants (スカイラン・トラベラー・パンツ)

今年は、個人的にpatagoniaのロングパンツが良いアイテムが沢山リリースされているが、やはりコイツだけは別格だと思っている。

 


ストレッチと独特のシルエット

リサイクル・ナイロン64%/ポリエステル25%/ポリウレタン11%混紡のダブル織り素材は少し肉厚感のある安心出来る生地厚感。4wayストレッチは、足の動きに追従し、いや、むしろ足の動きを全くといって良いほど邪魔をしない穿き心地の良さがある。

また、お尻周りや股上付近に独特の“ゆとり”がありつつも、裾に向けて細くなあるテーパードシェイプが、よくあるソフトシェルパンツと一線を画す。

 


細かな気遣いがデザインと穿き心地の良さを演出

ウエストは基本的にはゴム使用となっているが、腰の前側はフラットな仕様に対して背面のみゴムバンド仕様。フロントからの見た目はスッキリしたデザインだが、その背面のバンドのお陰で座ったり腰を曲げる姿勢のときに、その腰動きに対してストレスなくウエストが伸縮してくれるのが実に心地よい。

また、ハンドポケットも、デニムパンツ等にありがちな上から手を入れるタイプというよりかは、手が自然と入れやすい角度で配されており、そのちょっとした気遣いがリラック感を演出してくれる。

 


テーパードシシェイプの裾

先にもご紹介したようにテーパードシィイプの Skyline Traveler Pantsは、その裾が少し特徴的。

フロントから見た裾は、フラットなデザインで非常にシンプルな見た目でありながらも、ウエスト同様に後部のみに伸縮性を持たせ、独特なシルエットを演出。本当にちょっとしたデザインだけど、裾が全方向に絞りが入っていない事で、スポーティー感がうまいこと抜けているように感じる。


(裾のフロント側)


(裾の後部側)


(179cm / 67kg / size:M)

 


実は1サイズアップもお勧め!

より特徴感を活かし独特なシルエットを楽しみたいなら、いつもパアタゴニのパンツで穿いているサイズの1サイズ上のサイズを穿くことをお勧め。勿論、ウエストの大きさも丈も長くなるが、いい意味でpatagoniaらしくないシルエットで、このパンツを楽しんで頂けると思う。


(179cm / 67kg / size:L)

 

ハイクでこのシルエットを楽しんだり、日常のスタイルに取り入れたり、ちょっと遠くまでのドライブを兼ねた旅行で穿くなり、いろいろなシーンで是非 Skyline Traveler Pantsを楽しんでみては如何でしょうか!

 

投稿者:飯田

Scroll to top