HELINOX のNEWアイテム タクティカルフィールドオフィス

チェアやコットで有名なHELINOXから今季の新作が入荷中。今回ご紹介させて頂くのは、フィールドとオフィスをシームレスにしてくれるアイテム。

 

HELINOX  タクティカルフィールドオフィスM

一見するとスノーボードブーツを収納する為のカバンの様な…長方形型のバッグ。

 

 

でも良く見ると、バッグの外側には何やらフレームらしき物達が備え付けられています。

 

 

そして、バッグの反対側には黒い板。このままでは、ただ側面に板が取り付けられたバッグ。

 

 

大事なのはここから。板部分をグッと持ち上げると下には四本のフレームが収納されています。さらには板面の裏側は軽量化を図りながらも強度を保てるハニカム構造に。

 

 

四本のフレームを引っ張り出してみると、この様に全て同じ長さ。上部にはストッパー機構付き。素材はバッグの外側に配されたいたフレームと同じアルマイト加工が施されたアルミ合金。

 

 

板面の裏側に一本ずつフレームを差し込んでいくと…

 

 

この様にテーブルが完成!組み立て時間はおよそ40秒程度とあっという間。バッグ一体型のテーブルとなっている為、片手で楽々に持ち運びが出来ます。必要な物は全てバッグ内に収納しておき、使用したい場面になったら組み立ててテーブルの上に。様々な場面で使用できる便利アイテムとなっています。

 

 

名前の通り、パソコン等の仕事道具をフィールドに持ち出してお仕事をしてみたり…

 

 

クッカー類を収納しておいて、ソロやデュオキャンプの際に使用したりと使い勝手様々。個人的には、スノーシーンの社泊の際に外でのご飯タイムに使いたいトコロ。

 

 

テーブルの際サイズは約38cmの正方形となっている為、一人~二人で使用する分には十分。コーヒーを飲む程度でしたら四人で囲んでも使えます。耐荷重は約50kgとかなりの耐久性を持っています。(静荷重での計算の為、イスとしてはご利用できません。)

 

 

そして、注目ポイントがもう一つ。荷物の出し入れに関してはバッグの上部が縦に大きく開く作りとなっています。

 

 

ジッパータブがこの様に左右で連結されている為、ワンアクションで両方同時に開け閉めが出来る機構。

 

 

さらに、側面もガバっと開きます。ここまで大きく開けば、中に詰め込んだ物の取り出しで手こずる事は全くありません。小さな調味料類やガジェット類の電源コード等、バッグの中で行方不明になりやすい物も簡単に見つけられます。

 

 

バッグ内部にはマジックテープのが随所に配されている為、小さなポーチ等を内部に取り付ける事も出来ます。バッグ中で色々と小分けにしておきたい時には嬉しい機能。

 

 

バッグ単体で使用したい時にはフレームを取り外す事も出来ます。写真に載っている備え付けの道具を使えば非常に簡単。

 

 

フレームジョイント部分に見えている銀色のボタンがロック機構になっているので、先ほどの道具でこのボタンをプッシュしながら引き抜くだけ。これだけでフレームは簡単に取り外す事が可能です。

 

 

HELINOXの様々なチェアとの相性は抜群。キャンプ場等の外に持ち出すのは勿論のこと、お家でご利用頂く事もできます。友人達が遊びに来てちょっとテーブルが足りない時や、庭先でのんびりとコーヒーを飲む時等。ちょっとテーブルが欲しい時に丁度良いんです。片手でヒョイっと持ち運んで、使いたい場所でサッと組み立てる。このスピーディーさも魅力的。

 

 

お色はマルチカモとブラックも入荷しています。ソロキャンプや、ちょっと使いのテーブルをお探しの方は是非チェックしてみてください。

 

本日のブログは久しぶりにジムで追い込み過ぎて全身筋肉痛の松下がお届けしました。

 

 

 

 

 

Scroll to top